佐野元春を「TV Bros. note版」で大特集! 脂の乗り切った1992年、そして円熟期を迎えた現在の言葉から浮かび上がるものとは?

©株式会社東京ニュース通信社

「TV Bros.」のデジタル定期購読サービス「TV Bros. note版」が、本日10月5日から5日連続で佐野元春を大特集する。

1980年の鮮烈なデビューから今日まで、しなやかな感性と強靭な意志から生み出されるみずみずしいロックンロールで、日本のロックを更新し続けてきた佐野。デビュー40周年を迎え、10月7日にはこれまでのキャリアを総括するベスト・アルバム2作品「MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004」「THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005-2020」をリリースすることから、今回の特別企画が決定した。

本日公開となった第1回では、今から28年前の1992年、アルバム「スウィート16」発売時に「TV Bros. 1992年8月1日号」に掲載したインタビューをweb上で初公開。さらに、6日からは最新インタビューを連続で届ける。

脂の乗り切った状態だった92年、そして円熟期を迎えた現在の佐野元春へのインタビューから、一体何が浮かび上がるのか、期待が高まる。