分身ロボットで遠隔品質管理 川田工業など開発

©株式会社北國新聞社

 川田工業(南砺市)などは5日、遠隔操作できる分身ロボット「アバター」を使って建設現場の品質管理業務を行うシステムを開発すると発表した。

 同社と川田テクノロジーズ(南砺市)、芝浦工大が連携する。川田グループが開発したロボットを遠隔操作できるよう進化させ、橋の完成検査などを行う。

 「パイロット」と呼ぶ作業担当者がロボットのカメラを通して現場の様子を確認しながら操作する方式を検討する。品質検査の作業担当者がテレワークでき、出張が不要になるほか、ロボットが各種データを自動で取得して蓄積することによる効率化も見込む。