エチオピア、1年以内にダム発電

情報漏れ防ぐため上空飛行禁止

©一般社団法人共同通信社

ナイル川上流の「大エチオピア・ルネサンスダム」=2019年(ロイター=共同)

 ロイター通信によると、エチオピアのサヘレウォルク大統領は5日、議会で演説し、ナイル川の上流に建設した巨大ダムで1年以内に水力発電が始まると明らかにした。下流で農業・工業用水をナイル川に依存しダムの稼働停止を求めるエジプトの反発は必至だ。

 エチオピアの航空当局トップは5日、ロイターの取材に対し、ダム上空の航空機飛行を禁止したと述べた。貯水やダムの稼働状況に関する情報が外部に漏れるのを防ぐためとみられる。

 貯水は既に7月に始まっている。サヘレウォルク氏は演説で、さらなる貯水に向け準備が進んでいると発表した。