手土産に菓子持参しても出されない 「義実家」の対応にモヤモヤ、正しいマナーは

©株式会社ジェイ・キャスト

「持参した手土産が振る舞われない…」

「手土産」を巡り、女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」で議論が起きている。投稿主は義実家に行く際、地域の名産品のお菓子などを買って持参し、「良かったら、後でお茶受けにでもみんなで(食べましょう)」と渡しているという。

だが手土産が振る舞われたためしはなく、「義実家に用意してあったスーパーのお菓子などが出てくる」。自分も食べたいお菓子を持って行った場合はがっかり。「手土産はその場で出してみんなで食べるものだと思っていたが、出さないのがマナーなのか」と問いかけている。

もらった手土産「出すのは失礼」か「出さないと失礼」か

掲示板を見ると、投稿主の主張に疑問を呈する人が多い。

「手土産どうするかは貰った方が決めることだから、初めから食べる気満々で選んで持って行ってる方が卑しくて嫌だなぁ」

「そもそも手土産持って行くときは、自分が食べること前提では持っていかないな その家の人達が喜んでくれたらそれでいいと思って選んでる」

出すか出さないかはもらった人が決める、というわけだ。自分がその手土産を食べることを前提として持参している点を「図々しい」と指摘する声が複数ある。また「持ってきたお土産を出すのは失礼だと思う人は一定数居る」と、投稿主の義実家の対応に理解を示す向きも、記者が見た限り多い。

逆に「出さないのは失礼に当たるとも聞く」との意見も。「私はお茶と共に頂いたものを出すよ」と、もらった手土産をその場で振る舞う人がいた。

もてなす側は、予め準備している茶菓子を出すのが前提

「プレジデントオンライン」は2019年9月29日付記事で、意外に知らない「贈り物の正しいマナー」を紹介している。池坊短期大学の寿マリコ教授が「いただいた手土産は、その場で開けても失礼に当たらないか」という質問に対し、以下のように答えている。

「お客さまをもてなす準備をしていなかった、という意味にもとられることなどから、本来はいただいた手土産はその場では開けず、お客さまには出さないのがマナーです」

ただ最近は、親しい間柄の場合は「お持たせですが」と一言添え、いただいた手土産を開けて出す場合もあるそうだ。しかし「年長者の中には持参した手土産をその場で開けることを失礼ととる方もいるため、あくまでも状況を見極めて対応することが大切」としている。

総合情報サイト「AllAbout」でも、和文化研究の三浦康子さんが手土産を受け取った側の対応について「その場で一緒に食べられるものは、『おもたせで失礼ですが......』と言って出すとよい」と説明している。ただ「もてなす側は当然、茶菓子を準備しているのでそれを出すのが前提」。もし、予め準備していたものと手土産が重複したら、手土産を優先したほうがよいとしつつ「内容にもよるので臨機応変に」と呼びかけている。

受け取る側は手土産の中身、また持参する客との関係などを踏まえ、状況に応じた判断をするのが望ましいようだ。渡した手土産が必ずしも振る舞われるとは限らない。