男「解雇されて腹が立った」 神戸・ヤマト運輸死傷事件

©株式会社 サンテレビジョン

10月6日朝早く、神戸市北区の宅配センターで従業員の男女が刺され女性が死亡した事件で公務執行妨害の疑いで逮捕された男が「解雇されて腹が立った」と供述していることが分かりました。

事件があったヤマト運輸神戸北鈴蘭台センター

この事件は6日午前4時すぎ兵庫県神戸市北区の「ヤマト運輸神戸北鈴蘭台センター」の駐車場で、従業員の男女が刃物で刺されて女性(47)が死亡し、男性(60)がけがをしたものです。

警察は逃走する際に現場に急行するパトカーに車をぶつけたとして、公務執行妨害の疑いで神戸市北区に住む元従業員の男(46)を現行犯逮捕しました。

捜査関係者によりますと、男は警察官に身柄を確保された際、「解雇されて腹が立った」と話していたということです。

また、警察によりますと女性から5日正午ごろ「男と別の従業員のけんかの仲裁に入ったら男の手があたり、会社から被害届を出すように言われた」と警察に相談があったということですが、女性は「男との関係は悪くないので迷っている」と話し、被害届は出さなかったということです。

このほか、事件当時、現場にいたのは通報した男性と女性と男の3人のみで、現場付近からは2本の包丁のようなものが見つかったことが分かっています。

警察は、社内で何らかのトラブルがあったとみて調べるとともに、今後、男を殺人未遂と殺人の疑いで再逮捕する方針です。