招き猫

©株式会社ライトアップ

人を招き、金を招き、福を招く

福助に熊手、それに招き猫。かつての商店には当たり前のように並べられていたオブジェたち。中でも招き猫は商店のみならず、民家でもよく見られたものだ。
招きの名前からわかるとおり、福を招くとされる招き猫だが、実は招くものはいろいろある。
右手を上げている猫は、お金を招くと言われ、民家によく飾られていた。
そして、町田画伯が描いた招き猫のように左手を上げている猫は人を招くと言われており、客が来ることを願う商店に置かれていた。
ちなみに、「両方招いたらいいじゃないか」という強欲な声もあり、両方の手を上げた招き猫もいたにはいたようだが、「欲をかくとお手上げになる」と言われてあまり好かれなかったとも言われている。
やはり、慎ましさは人生において大事なものなのだろう。

さて、そんな招き猫の起源だが、江戸時代ごろと言われている。
では、どこが起源かというと諸説あるのだが、中でも有名なのが東京都世田谷区の豪徳寺だ。

徳川家康を支えた井伊直政の跡取りである、井伊直孝が鷹狩の帰りに猫に招かれて寺に入ったところ、雨が降り出した。雨に打たれなかったことを喜んだ直孝が多額の寄進を行い、寺は栄え、後に直孝の戒名から豪徳寺となったと言われているのだ。
事実、豪徳寺の境内にはたくさんの招き猫が祀られており、猫好きにとってはたまらないスポットとなっているらしい。
あの有名なゆるいキャラの「ひこにゃん」も、井伊家の領地であることと、このエピソードから猫の形となったそうだ。
民家ではなかなか見られなくなった招き猫だが、もちろんまだまだたくさん製造されており、なんだったら海外人気も集めているという。やはり、猫という生き物は昔から愛される運命にあるのだろう。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)