「黒毛和牛すき鍋膳」数量限定で販売開始、吉野家初の黒毛和牛を使用

©株式会社BCN

吉野家は、同社の創業121年の歴史においてはじめて黒毛和牛を使用した新商品「黒毛和牛すき鍋膳」を数量限定で販売している。税別価格は998円。あわせて、大判のすきやき用牛肉を使用した秋冬の定番商品「牛すき鍋膳」の販売も開始している。税別価格は648円。

「黒毛和牛すき鍋膳」(左)と「牛すき鍋膳」

黒毛和牛すき鍋膳は、火が灯された卓上コンロにて供される黒毛和牛すき鍋と卵、ご飯、漬物の御膳仕立て。鉄鍋に黒毛和牛を生肉の状態で入れて、白菜、玉ねぎ、長ねぎ、絹豆腐、きしめん、お麩、特製すきやきのたれとともに煮込んで提供する。

黒毛和牛すき鍋単品の場合が898円、ねぎ増しがプラス98円(どちらも税別)。販売数は全国で約50万食を予定しており、売り切れ次第販売を終了する。

牛すき鍋膳は、肉大盛が748円、肉2倍盛が926円、牛すき鍋単品が548円、ねぎ増しがプラス98円。また、テイクアウト限定商品「牛鍋ファミリーパック」の販売も開始している。3人前が748円、4人前が948円(いずれも税別)。

なお、黒毛和牛すき鍋膳と牛すき鍋膳ともにご飯の増量およびおかわりは無料で、テイクアウトにも対応する。