強い台風14号、四国沖へ

風雨厳戒、東日本に上陸の恐れも

©一般社団法人共同通信社

台風14号の予想進路(8日9時現在)

 強い台風14号は8日、発達しながら九州沖に進んだ。9日には四国沖、10日には紀伊半島沖から東日本の沿岸に達する見通し。上陸の可能性もある。気象庁は高波、暴風、土砂災害、低地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風の北上に伴って奄美で9日にかけて、西日本や東日本で10日にかけて非常に強い風が吹く見通し。また、日本の南に延びる秋雨前線の活動が活発化して西日本や東日本は大気の状態が安定せず、非常に激しい雨が降る地域がありそうだ。

 JR東海は8日、10日昼ごろから東海道新幹線の東京―新大阪間で計画運休する可能性があると発表した。

台風14号の影響で、東京都の伊豆諸島・御蔵島の桟橋に打ち寄せる波=8日午後