「アクセル踏み間違えて加速」と検察側

©一般社団法人共同通信社

 東京・池袋の暴走事故初公判で、検察側は、被告の車は車線変更を繰り返し、アクセルを踏み間違えて時速96キロまで加速させて母子に衝突したと指摘した。「後続車の運転手はブレーキランプを一度も見ていない」とも述べた。