ドジャースがシリーズ突破に王手 ベリンジャーが本塁打キャッチ

©MLB Advanced Media, LP.

【パドレス5-6ドジャース】@グローブライフ・フィールド

ドジャースは1点リードで迎えた7回表にパドレスのフェルナンド・タティスJr.が放った大飛球を中堅コディ・ベリンジャーが好捕。逆転弾を阻止する見事な本塁打キャッチで試合の流れを呼び寄せ、6対5でパドレスを破った。ドジャースは第1戦から2連勝となり、シリーズ突破に王手。早ければ明日にも2年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出が決定する。

パドレスがザック・デービース、ドジャースがクレイトン・カーショウの先発で始まった一戦は、2回表無死一塁からウィル・マイヤーズのタイムリー二塁打でパドレスが先制。しかし、ドジャースが3回裏に一死一・三塁のチャンスを迎え、コリー・シーガーの2点タイムリー二塁打とマックス・マンシーのタイムリーで3点を奪って逆転に成功した。

4回裏にはコディ・ベリンジャーに1号ソロが飛び出し、ドジャース3点をリード。ところが、好投を続けていたカーショウが6回表に捕まり、マニー・マチャドの1号ソロ、エリック・ホズマーの1号ソロと二者連続アーチを浴びて1点差に詰め寄られた。

そして迎えた7回裏、パドレスは二死からトレント・グリシャムが死球で出塁し、続くタティスJr.が放った打球はセンターへの大飛球に。しかし、中堅ベリンジャーがフェンス際でこの打球をもぎ取り、パドレスの逆転を見事に阻止した。

これで試合の流れを引き寄せたドジャースは、直後の7回裏にジャスティン・ターナーの犠飛とマンシーのタイムリーで2点を追加した。9回表にクローザーのケンリー・ジャンセンが2点を失い、1点差に詰め寄られたが、急遽登板した5番手のジョー・ケリーが後続を抑えて6対5で逃げ切り。2連勝で地区シリーズ突破に王手をかけた。

勝利投手は6回6安打3失点のカーショウ(1勝0敗)、敗戦投手は5回9安打4失点のデービース(0勝1敗)。ケリーには1セーブ目が記録された。