元総務官僚、楽天モバイルに

副社長として調整役担う

©一般社団法人共同通信社

楽天モバイルの副社長に就任した松井房樹氏

 楽天モバイルは8日、元総務省幹部の松井房樹氏(68)が副社長に7日付で就任したと発表した。情報通信政策の知見を生かして省庁との調整などを担うとしている。

 松井氏は1976年に郵政省(現総務省)に入省。九州と北陸の総合通信局長を経て2005年に内閣官房内閣審議官に就任した。退官後は一般社団法人電波産業会の代表理事などを務めた。