8月の消費支出、6.9%減

コロナ懸念で旅行控え

©一般社団法人共同通信社

 総務省が9日発表した8月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は27万6360円で、物価変動を除く実質で前年同月比6.9%減となった。新型コロナウイルス感染症への懸念から、旅行や外食への支出が減ったため。マイナスは11カ月連続となる。

 7月ごろから新規感染者数が増加傾向になり、お盆の帰省を取りやめる動きが広がった。総務省の担当者は「お盆の消費が前年比で格段に低かった」と話した。

 自営業などを除いたサラリーマン世帯の消費支出は実質6.7%減の30万4458円で、11カ月連続で減少した。