女性を待ち伏せし襲ったか 神戸市北区 2人殺傷

©株式会社 サンテレビジョン

10月6日、神戸市北区の宅配センターで従業員2人が死傷した事件で、逮捕された男は女性が出勤するのを待ち伏せし、車を降りたところを襲ったとみられることが捜査関係者への取材で分かりました。

殺人未遂の疑いで9日送検されたのは宅配センターの元従業員の男(46)です。

この事件は10月6日、神戸市北区にある「ヤマト運輸神戸北鈴蘭台センター」で、従業員の女性が(47)が刃物で腹部などを刺され死亡、60歳の従業員の男性が軽いけがをしたもので、男は男性を殺害しようとした疑いで逮捕・送検されています。

男は事件前日に宅配センターを解雇されていて、調べに対し、「2人とのトラブルが原因で解雇された」「2人とも殺すつもりだった」などと供述しているということです。

また、捜査関係者によりますと、女性は出勤後、車を降りたところを襲われたとみられていて、男が現場近くで待ち伏せしていた可能性が高いということです。 女性には十数カ所の刺し傷があり、警察は強い殺意と計画性があったとみて捜査しています。