設立構想から20年 サクラ植樹 高岡のアクアス万葉スポーツクラブ

©株式会社北日本新聞社

植樹したサクラを見る会員ら

 高岡市八ケの県高岡総合プールを拠点に活動する「アクアス万葉スポーツクラブ」(北世七雄会長)は10日、20周年を記念して同プール駐車場に植樹したサクラを会員らにお披露目した。

 同クラブは2000年とやま国体を契機に設立構想が持ち上がり、03年に総合型地域スポーツクラブとして発足。現在の会員は90人で、水泳のほかレクリエーション活動を通して健康増進に取り組んでいる。構想から20年の節目を祝い、駐車場の一角にソメイヨシノの若木3本を植えた。

 お披露目には会員ら約20人が参加した。北世会長が標柱を除幕し、「皆さんの力でクラブをさらに発展させていきたい。来年の春に花が咲くのが楽しみ」とあいさつ。会員らが成長を願いながら丁寧に水をやった。