中上「Q2進出は果たせなかったが、FP4でレースペースはかなりよくなった」/MotoGP第10戦フランスGP予選

©株式会社サンズ

 2020年MotoGP第10戦フランスGP MotoGPの予選がル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、LCRホンダ・イデミツの中上貴晶は13番手となった。不安定な天候となった金曜日から一転、土曜日は青空が広がる天気に。しかし、気温は依然として低く、午前中のフリー走行3回目は10度、午後の予選も16度というコンディション。

 初日3番手と好調なスタートを切った中上は、気温の低いFP3で思うようにタイムを更新できず19番手へとダウン。そして、予選Q1では3番手とQ2進出に一歩届かず13番手グリッドが確定した。冷えた路面でタイヤのパフォーマンスをうまく引き出せなかった中上だが、気温が15度まで上昇したFP4では、FP3でマークした1分33秒482を大きく更新する1分32秒878で7番手に浮上。決勝に向けて期待をつないだ。

中上貴晶(MotoGP 13番手)中上貴晶
「予選では全力でプッシュし、最高のパフォーマンスができるようにがんばりましたが、Q2進出を果たせませんでした。しかし、FP4ではアベレージもよく、明らかに前進できたと思います。マシンはかなり快適になり、安定しました。明日のレースへ向けていいことです。予選は難しいコンディションとなり、わずか0.1秒差でQ2を逃してしまいました。13番グリッドはあまりいい結果ではないし、期待したポジションでもありません。明日のウォームアップは寒くなると思いますが、最後の調整に挑みます。レースペースはかなりよくなったので、楽しみです。いつものようにベストを尽くし、序盤にポジションをいくつか上げたいです。そのあとはレース展開を見ながら、ベストを尽くしたいです」

2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第10戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)