養蚕住宅を憩いの場に 高崎・箕郷矢原宿にカフェオープン

©株式会社上毛新聞社

オープンした箕郷矢原宿カフェでくつろぐ関係者

 日本百名城の箕輪城跡を訪れる人や地域住民の憩いの場にしようと、群馬県高崎市は10日、養蚕住宅を改修した「箕郷矢原宿カフェ」(同市箕郷町矢原)を開館した。運営を担う地域ボランティアがコーヒーや和菓子を提供し、訪れた人をもてなした。

 住宅は1921(大正10)年建造の木造2階建て。箕輪城の城下町として栄えた矢原宿に位置する。市が約2800万円をかけ、土間の復元、畳、床の張り替えなどを行った。住宅を寄付した東京都の会社役員、戸塚紳一さん(58)は「昔の面影を残したままきれいになった。近隣住民の方や観光に活用してほしい」と話した。

 営業は午前10時~午後4時。月曜休館(祝日の場合は翌日)。問い合わせは同館(027-386-8520)へ。