味わい濃厚 地元食材のスムージー 北房あざえ茶屋が販売

©株式会社山陽新聞社

北房産野菜の色合いが美しい「グリーン」と「レッド」のスムージー

 真庭市下呰部の古民家カフェ「北房あざえ茶屋」は、高級オリーブオイルや同市北房地域の食材を使ったスムージーを販売している。

 チュニジア産オリーブオイルを扱うイーグルオリーブオイル(倉敷市)が製造販売する果汁入りオリーブオイルドリンクや北房産マスカットなどを原料に使用。地元の小松菜とニンジンの色合いが美しい「グリーン」と「レッド」の2種類を用意した。砂糖や甘味料は使わず素材が持つ甘味を生かし、濃厚な味わいに仕上げている。

 新型コロナウイルス感染症の影響で半年休業し、今月から営業を再開。他にオリーブオイルをかけたピザやヨーグルト、サラダなど健康・美容志向の新メニューも並べる。

 スムージーは1杯480円。北房あざえ茶屋は「体に良いので、コロナ禍を元気に過ごすためにも味わってみて」としている。営業時間は午前11時~午後5時(火曜定休)。問い合わせは同茶屋(0866―52―2610)。