グラウジーズ 今季ホーム初勝利 北海道に92-84

©株式会社北日本新聞社

富山-北海道 第2クオーター終了間際に3点シュートを決め、喜ぶ宇都=富山市総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の富山グラウジーズは11日、富山市総合体育館で北海道と戦い、92-84で今季のホーム初勝利を飾った。

 富山は前半を41-39で折り返し、第3クオーターに一時逆転されたものの、マブンガ、前田らの得点で再びリードを奪取。第4クオーターに1点差まで詰め寄られたが、松脇の3点シュートなどで流れを取り戻し、点の奪い合いとなった試合を制した。

 浜口炎ヘッドコーチ(HC)は「オフェンスではボールがよく動き、リバウンドも頑張ってくれたので試合の流れが富山に転がった」と振り返った。

 次戦もホーム戦となり、17、18の両日に県西部体育センターで三遠と戦う。

 富山以外の試合は11日、宇都宮市体育館などで行われ、東地区は宇都宮が84―74で信州に、秋田が79―68で京都に勝ち、ともに開幕4連勝を飾った。千葉は86―87でSR渋谷に競り負け、今季初黒星を喫した。西地区では三河が85―57で三遠に快勝し、無傷の4勝目を挙げた。

富山 92 - 84 北海道 (1Q)23 - 16 (2Q)18 - 23 (3Q)25 - 23 (4Q)26 - 22 ▽観衆 1786人

富山-北海道 第1クオーター、ドリブルで切り込む松脇=富山市総合体育館
富山-北海道 第2クオーター、シュートを決め、宇都とタッチする水戸(右)=富山市総合体育館
富山-北海道 第2クオーター、シュートを放つマブンガ(左)=富山市総合体育館
富山-北海道 第4クオーター、シュートを決め、ボディタッチして喜ぶ前田(手前)と橋本(奥)=富山市総合体育館