嵐の“2020年”、ファンへの思い。アトリエで見せる素顔の大野智にも密着

©株式会社東京ニュース通信社

Netflixは、嵐の活動休止までの1年間を追うオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」の第15話「2020年」を10月19日に、第16話「OHNO’s Diary」を10月31日に、午後4:00から全世界独占配信する。

第15話は、19年の大みそか。櫻井翔が白組司会、そして嵐が大トリという大役を務めた「第70回NHK紅白歌合戦」を終え、ジャニーズカウントダウンライブへと向かう移動中で新年を迎えた5人。この“2020年”を彼らの活動とコメントで振り返る。

1月には、国立競技場公演、中国・北京公演へ向けての打ち合わせのほか、デジタル解禁、世界進出にむけての活動も本格化し、米・ロサンゼルスでのMV撮影、レコーディングなど多忙ながらも楽しい日々を送っていた。

そんな中、2月中旬に新型コロナウイルスが世界的に感染拡大し、北京公演中止という苦渋の決断を余儀なくされる。さら
に、3月には緊急事態宣言が発令され、東京オリンピックの1年延期も決定した。そんな状況に二宮和也は「2020年で活動を休止しますって言った後で、こういうことが起きて…」と悔しさをにじませ、櫻井も「2020年かなえられなかった夢、2020年に見れなかった景色、みんなに見せられなかった景色…」とファンへの思いを募らせる。一方で大野智は「やれることはやる」と口にし、松本潤は「どんな形になっても、今自分たちにできることは何か」と前向きに思い巡らせる。

ファンに「何か楽しいことを届けられたら」と考えた5人は、いち早くインスタライブ配信に踏み切り、その後もリモート紙芝居、ワクワク学校オンラインなど、次々と「今、自分たちにできること」を発信し続けた。しかし、並行して準備を進めていた国立競技場公演も難しいという状況に陥り、自分たちの力ではどうにもできない厳しい現実にぶつかる。それでも相葉雅紀は「これだけやる予定だったのに、という考えは捨てた」と困難と向き合う覚悟を見せ、決して諦めずに、ひたすら前を向き、嵐らしく「今の状況の中で、何ができるか?」に挑み続けた“2020年現在”の5人の軌跡を追う。

続く第16話は、大野が「子どもの頃は、結構落ち着きのない子だった」と自身の子ども時代を回想するシーンからスタート。多感な少年時代を過ごした地元、思い出の地を訪ねながら、楽しそうに語られる幼い時の記憶、そしてジャニーズ事務所入所とジャニー喜多川さんとの出会いを語っていく。そして、小学生時代に始め、夢中になった“絵を描くこと”は、デビューしてからも大野の心のよりどころとなっており、5年ぶり3度目の個展開催へ向けた制作活動にも密着している。アトリエで1人、嵐の曲を聴きながら黙々と作品と向き合う日々。ジャニーさんの絵を描く中で、「ジャニーさんと会話した、接したことを、描きながらやっぱり思い出す。ある程度描き終わって、引きで見ると、やっぱ涙が出るね」と思いがあふれ出す。

また、制作期間の終盤には、メンバーがそれぞれアトリエを訪れ、作品を見ながら「すごいよ!」「お疲れさま」と心からねぎらい、共に乾杯する一幕も。メンバー同士で差し向かい、本音で語らう表情からは、互いへの深い愛情とリスペクトが漏れ伝わってくる。「いろんなことがあったけど、今が一番いとおしい」と言い切る大野の純粋さ、優しさと強さは、アイドルとしての矜持(きょうじ)、ファンへの強い思いへとつながっている。

嵐のリーダーとしての覚悟と涙、普段あまり表に出すことのなかった大野の“本当の思い”に触れられる、貴重な映像となっている。