北海道新たな10人中"1人重症"…旭川市は有料老人ホームの70代施設職員も判明 1日計20人感染確認

©北海道文化放送株式会社

北海道と旭川市は10月13日、新たに新型コロナウイルスに感染が確認された10人の詳細を発表しました。

北海道7人、旭川市3人です。

▼空知地方

・年齢・性別・職業いずれも非公表:北海道内の患者との濃厚接触者

▼後志地方

・年齢・性別・職業いずれも非公表:北海道内の患者との濃厚接触者

・20代女性(職業非公表):北海道内の患者との濃厚接触者

▼胆振地方

・年齢・性別・職業いずれも非公表:北海道内の患者と同居

・60代女性 会社員

▼日高地方

・年齢・性別・職業いずれも非公表

▼渡島地方

・年齢・性別・職業いずれも非公表:重症

7人中3人の感染経路が不明です。

●旭川市

・10代女性:すでに感染判明20代女性会社員の同居家族

・20代女性 会社員:上記女性の友人

・70代女性 施設職員:すでに感染判明20代男性会社員の濃厚接触者ではないものの、範囲を広げ検査したところ陽性が判明

10代と20代女性が同じ20代女性会社員との濃厚接触者で、旭川市は20代女性が関係する10人のPCR検査を行っています。

また70代女性は有料老人ホームに勤務する職員で、この施設では職員の入居者1人ずつ計2人の感染が確認されています。

現在職場と同居家族のあわせて36人の濃厚接触者の検査を進めています。施設関連で3人の感染にとどまっていることから、クラスターと認定はしていません。

13日は札幌市で5人、小樽市で5人の感染が確認されていて、あわせて20人。

20人中5人の感染経路が不明です。

北海道内での感染者は、計2388人となりました。