札沼線に新駅設置 あいの里公園~石狩太美間に 当別町、ロイズコンフェクトの請願駅

©株式会社エキスプレス

新駅イメージ 画像:JR北海道

JR北海道は14日、札沼線(愛称:学園都市線)のあいの里公園~石狩太美間に設置する新駅の計画概要を発表しました。

住所は当別町当別太1225番地9。1面1線の無人駅で、設備は6両対応の乗降場、待合、スロープ。

駅前広場の施工は当別町が行い、バス・タクシー・一般車の乗降場、パーク&ライド駐車場、駐輪場、トイレを設けます。

「新しいまちの顔づくり」により新たな人の流れを創出し、定住人口・交流人口の増加を目指す当別町。そして見学施設や店舗を兼ね備えた工場の拡張を進め、来場者の交通手段として札沼線を利用したい株式会社ロイズコンフェクトの要望を受け、請願駅として設置されます。

新駅名称や開業日については別途告知されます。

鉄道チャンネル編集部