スティーヴィー・ワンダー、新レーベルから新曲2曲を同時発表

©ユニバーサル ミュージック合同会社

Photo Credit Dante Marshall

スティーヴィー・ワンダーが、次男ムンタズ・ワンダーの誕生日を記念して、新曲「Can’t Put It in The Hands of Fate」と「Where Is Our Love Song」を2曲同時にリリース。どちらもスティーヴィー・ワンダー自身が作詞作曲とプロデュースを担当し、自身の新レーベル「So What The Fuss Music」からリリースされている。

「Can't Put It In the Hands of Fate」には、ラプソディー、コーデー、チカ、バスタ・ライムスという、ヒップホップ界から4人のアーティストが参加。ジャンルや世代を超えたコラボレーションは、この曲が求める行動の必要性について示している。

グラミー賞受賞ギタリスト、ゲイリー・クラーク・ジュニアをフィーチャーした「Where Is Our Love Song」は、世界が歴史的課題に直面している今、何が必要なのかを明らかにした楽曲。「希望の言葉、平和への祈り、そして切実に求められている愛の歌は、一体どこにあるか?」という問いをリスナーに投げかける。

新曲についてスティーヴィーは、「今の時代、私達はこの国と世界に向けられる、最も痛烈なモーニングコールと叫びを聞いている。どうか、愛と平和と団結の必要性について耳を傾けてほしい。」とコメント。また「Where Is Our Love Song」からの収益は全て、米国を拠点とする非営利団体「フィーディング・アメリカ」へ寄付することも発表している。

■商品情報

スティーヴィー・ワンダー

「Can't Put It in the Hands of Fate feat. Rapsody, Cordae, Busta Rhymes & Chika」

試聴・購入はこちら

「Where Is Our Love Song feat. Gary Clark Jr.」

試聴・購入はこちら