中国企業、取引先装い接近

積水化学の機密漏えい事件

©一般社団法人共同通信社

積水化学工業大阪本社が入るビル=14日午後、大阪市

 積水化学工業(大阪市北区)の男性元社員(45)=不正競争防止法違反容疑で書類送検=が、中国企業にスマートフォンに関する機密情報を漏えいしたとされる事件で、中国企業側が当初、積水化学の取引先を装い元社員に接近していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。元社員は渡航費や滞在費を負担してもらって中国を訪れ、担当者と面会。その際に初めて実際には取引先ではないことに気付いた。

 元社員は「積水化学に在籍したまま、(中国企業の)非常勤の技術顧問に就いてほしい」という趣旨の誘いを受けていた。直接的な金銭の授受は確認されなかった。