キヤノン、望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」の店頭販売を11月中旬に開始

©株式会社マイナビ

キヤノンは10月14日、望遠鏡型の小型カメラ「PowerShot ZOOM」を11月中旬より一般の量販店で販売開始すると発表した。9月上旬、クラウンドファンディングのMakuakeで先行販売を開始し、その日のうちに完売となっていた製品で、いよいよ通常の店頭販売を開始する。価格はオープンで、予想実売価格は税別32,500円前後。

「観る」と「撮る」を一体化した望遠鏡型カメラ。静止画/動画ともに、焦点距離(35mm判換算)100mm(約1.2倍) / 400mm(約4.8倍) / デジタルズーム800mm相当(約9.6倍))での撮影が行える。3種類の焦点距離をボタン一つで切り替える「瞬間ステップズーム」機能も装備。

センサーは、有効画素数約1,210万画素の1/3型CMOSセンサーを内蔵。映像エンジンはDIGIC 8で、最高約10コマ/秒の高速連写と、フルHD/30Pの動画撮影をサポートする。AFはコントラスト検出方式で、常にピント合わせを行う「コンティニュアスAF」を搭載。AFモードは「顔+追尾優先AF」「1点AF」を選択可能。

電子ビューファインダー(EVF)は約236万画素。レンズシフト方式の手ブレ補正機構を搭載し、フレーミングしやすいチューニングを施すことで、撮影時やEVFを覗いている時などでも安定したフレーミングが行える。本体は小型/軽量のコンパクト設計で、重さも約145gと軽量。利き手を問わず、片手でも握りやすい。

通信機能はIEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.2。スマートフォンとの連携では、ライブビュー映像をスマートフォンに表示したり、表示した画面を見ながらの静止画撮影が行える。バッテリでの撮影可能枚数は約150枚(CIPA規格準拠)、動画撮影時間は約60分。記録メディアにはmicroSDXCメモリーカードを使用する。本体サイズは約W33.4×D103.2×H50.8mm、重量は約144g(本体のみ)。