11月は「過労死等防止啓発月間」です~2020年度の実施内容~

©株式会社ドクタートラスト

みなさんは毎日、何時間働いていますか?
働き方改革によって、国全体で長時間労働を是正する流れにはなっているものの、まだまだ多くの労働者が長時間労働に従事しているのが現状です。
長時間労働は、健康を害し過労死問題を引き起こす直接原因ともいわれています。
厚生労働省は、過労死等を防止することの重要性について国民の自覚を促し、関心と理解を深めるために、毎年11月に「過重労働解消キャンペーン」を実施し、さまざまな取り組みを行っています。
今回は、2020年度の「過重労働解消キャンペーン」の施策内容をわかりやすく解説します。

他人事とは思わないで「過労死」

社会人であれば、誰もが耳にしたことがある「過労死」という言葉。
しかし、よく耳にする言葉とはいえ、自分は少しぐらい働き過ぎても大丈夫、自分の会社は残業多いほうだけど、過労死する人なんていないから大丈夫、と他人事のように思ってはいませんか?
厚生労働省は、過労死を防止することの重要性を国民に自覚してもらい、関心と理解を深めてもらうため「過労死等防止啓発月間」中に全国47都道府県48会場(東京は2会場)でシンポジウムを開催します。
さまざまな経歴をもつ専門家の方々が講師として登壇し、働くひとたちの命と健康をまもるための講演を行います。
誰でも無料で参加できます。
参加申込方法や開催日などの詳細は厚生労働省「過労死等防止対策推進シンポジウム」を参照ください。

「過労死」を防ぐために今すぐにでもわたしたちができること

過労死を防止するために、厚生労働省からポスター、パンフレット、リーフレットが公開されました。
自身の過労死に関する知識を深めるために活用したり、また企業の経営者の方、人事担当者の方などは職場に貼ったりして、積極的に過労死防止の周知・啓発を行っていきましょう。
ポスターなどは以下よりDLできます。

<ポスターなど>
過労死等防止啓発ポスター
過労死等防止啓発パンフレット
過労死等防止啓発リーフレット

また、無料で電話相談ができる「過重労働解消相談ダイヤル」が全国一斉に開設されます。
長時間労働の是正や、賃金不払残業などの解消に向け、監督指導を行ってくれますのでぜひご利用ください。

【フリーダイヤル】0120-794(なくしましょう)-713(長い残業)
【実施日時】令和2年11月1日(日)9:00〜17:00

企業も積極的に過重労働防止対策に取り組みましょう!

現在、事業主や人事労務担当者などを対象に、過重労働防止対策に必要な知識やノウハウが学べるセミナーが開催されています。
過重労働のことだけでなく、法令やガイドラインについて、またストレスチェック制度や職場のハラスメント対策まで解説され、働き方改革を進めるための必要な知識が幅広く学べます。
オンラインで行われており、どなたでも無料で参加が可能です。

<セミナー詳細ページ>
厚生労働省「過重労働解消のためのセミナー」
<オンラインセミナーのお申し込みページ>
厚生労働省「セミナー一覧」

そのほかにも、「過重労働解消キャンペーン」として、長時間労働の削減の取り組みを行っている企業を紹介したり、また反対に、若者のいわゆる「使い捨て」が疑われる企業などへの監督指導が行われたり等、企業を対象とした過重労働を減らすための取り組みが積極的に行われます。
さまざまな企業の事例を参考にし、自身の会社の制度や状況を見直すきっかけのひとつにしていただけたらと思います。

<参考>
・ 厚生労働省「11月は「過労死等防止啓発月間」です」
・ 厚生労働省「過重労働解消キャンペーン特設ページ」