母親殺害、懲役8年求刑…就寝中に母親の頭、金属バットで殴る 弁護側、執行猶予求める「うつの影響」

©株式会社埼玉新聞社

さいたま地裁=埼玉県さいたま市浦和区高砂

 埼玉県狭山市で昨年10月、同居する母親を殺害したとして、殺人の罪に問われた、同市、翻訳家の男(41)の裁判員裁判の論告求刑公判が14日、さいたま地裁(任介辰哉裁判長)で開かれた。検察側は懲役8年を求刑、弁護側は執行猶予判決を求めて結審した。判決は19日。

 論告で検察側は、就寝中で無防備な母親を金属バットで殴るなどした犯行を「強固な殺意に基づき残虐」と指摘。「別居などの手段を講じることができたにもかかわらず殺害した意思決定は身勝手」として、懲役8年を求刑した。

 弁護側は母親の攻撃的な性格や日常的に不満を言われることなどから「肉体的、精神的に追い詰められた」と主張。「うつ病の影響で犯行を思いとどまることができなかった」として、執行猶予付き判決が相当とした。

 起訴状などによると、男は昨年10月8日、狭山市の自宅で、母=当時(71)=の頭や顔を金属バットで複数回殴るなどして殺害したとされる。