泣き崩れた… 何も食べられず寝込むほどの生理痛。彼の手紙には…?

©株式会社ベビーカレンダー

毎月、重い生理痛で寝込み、同棲中の彼に申し訳なくて心を痛めていた女性。男性は生理痛に理解がないと思っていたけれど、彼のやさしさや行動に助けられたという体験談です。

生理痛がつらくて休みたいと職場の男性上司に伝えたものの、何度も鼻で笑われた経験から、生理痛なんて男性には理解してもらえないと思っていました。ところがある日生理痛で寝込んでいたときに、同棲中の彼の気遣いがうれしくて号泣したことがあったのです。家事もできず自分を責めていた私の気持ちが救われたできごとを紹介します。

生理痛で毎月寝込んでいた

私が36歳のときのことです。元々生理痛がひどく、毎月生理になると2日間は寝込んでいました。同棲中の当時も同様で、経血量が多くトイレに行くたびにめまいがし、頭痛や吐き気もあって家事もできない状態でした。

毎月その2日間は、彼が仕事から帰宅後に夕食を作ってくれていました。私はそれだけでもとても感謝していました。

枕元に手紙が…

いつにも増して体調がすぐれない生理中のある日。何も食べられずに寝込んでいると、昼休憩の時間を利用して彼が私の様子を見に帰ってきてくれたことがありました。

その日はあまりにも生理痛がひどく、寝すぎて夜に眠れなくなってもいいからと、日中も寝ていました。3時間ぐらい経って目覚め、トイレに行くためにやっとの思いで起き上がったその時、枕元に何か紙が置いてあることに気がつきました。

「何これ?」と思って見てみると、それは彼からの想いが詰まった手紙だったのです。

心温まるメッセージ! うれしくて号泣

「帰ってきてくれるなら起きていたかったのに」と思いながら、彼からの手紙を読むと「冷凍庫にアイスがあるよ! 冷蔵庫にはヨーグルトとゼリーを入れてあるから食べられそうなら食べてね。心配だったけど気持ちよさそうに寝ていて安心したよ。早く良くなりますように」と書かれていました。彼は何も食べられない私を心配して、食べられそうなものを買ってきてくれていたのです。

私は毎月生理で寝込んでしまい、家事が何もできない自分をずっと責めていました。そして、朝から晩まで働いて、料理をしてくれる彼に申し訳なく感じていました。そんな思いもあり、手紙を読んだ私は彼のやさしさがうれしすぎて泣き崩れてしまいました。

「生理痛のつらさをわかってもらえてうれしい」と彼に伝えると、「理解できているわけじゃないよ! でもかなりつらそうにしているから心配で」と彼は言ってくれました。彼のやさしさがいっぱい詰まった手紙に元気をもらいました。今も大事にあのときの手紙をしまっています。

監修/助産師REIKO

文/マツノミユ


「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡