米韓、北朝鮮非核化へ連携

国防長官ら定例安保協議

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】エスパー米国防長官は14日、韓国の徐旭国防相らと米韓定例安保協議(SCM)を国防総省で開いた。北朝鮮の完全な非核化を通じ、朝鮮半島の恒久的な平和を実現するため緊密に協力する方針で一致した。両氏は日米韓の連携継続にも取り組むことを確認した。両国が共同声明で発表した。

 両氏は、10日の軍事パレードで新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)などを公開した北朝鮮の軍事動向について協議。北朝鮮の核・ミサイル計画が「重大な脅威」であることから、米韓が協力すると同時に北朝鮮にも非核化への取り組みを呼び掛けた。米韓の軍事演習を継続する方針も申し合わせた。