『今くら』チュート徳井義実の“謝罪内容”に呆れ「40歳も過ぎて…」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

『チュートリアル』徳井義実が、10月14日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)へ復帰し、自らの申告漏れを改めて謝罪した。ただ、視聴者は徳井の謝罪内容を疑問視している。

徳井は、2時間スペシャルの冒頭から登場。『フットボールアワー』後藤輝基から「今回から徳井が復帰することになりました」と話を振られると、謝罪の言葉を口に。

「わたくし自身のいたらなさのせいでこの番組、1年間ほどお休みしておりました」と切り出し、視聴者やスタッフ、共演者に謝罪した。続けて「しっかりと反省しまして今後はもちろん納税に関すること、その他いろんな手続き、しっかりとやるべきことをやって国民の義務を果たしていこうと思っております」とし、「ゼロからの気持ちで」番組に出演すると述べて深々と数秒間、頭を下げた。

「猛省してた」今田耕司がフォローも…

この日番組には今田耕司がゲスト出演。親交が深い徳井に「猛省してたもんね」などと声をかけた。

14日から15日午前にかけて徳井の復帰は幅広く報じられたが、「国民の義務を果たす」との言葉にはツッコミが続出。「国民の義務を果たす」のは、当たり前の話だと批判する声が上がった。

《それは当たり前の話であって、改めて決意表明する話ではない。ま、以前も今も無自覚なのでしょう》
《「国民の義務を果たそうと思います」当たり前です! しかも「思います」って果しますって言い切れないのが本気度がない》
《納税義務なんて、そんな当たり前のことを40歳過ぎにならないとわからなかったの?》
《そんな当たり前のことテレビで言われても》
《当たり前なことを40歳も過ぎて全国放送で言ってるのか》
《皆がやってる当たり前の事を、やりますって言ってるだけだろww》
《せめて恩返しとして、社会貢献の計画を具体的に言えよ》

視聴者の声は非常に辛らつ。復帰後も懺悔の日々が続きそうだ。