都内感染、時短解除後最多

新たに284人

©一般社団法人共同通信社

東京都庁

 東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに284人報告されたと発表した。都が飲食店などに対する午後10時までの時短営業要請を9月15日で全面解除した後では最多。累計は2万8420人となった。入院患者は前日より8人減の千人、うち重症者は増減がなく25人だった。感染者2人の死亡も確認され、死者累計は427人。

 22人の感染者が出た都立広尾病院(渋谷区)でも入院患者の90代女性が死亡し、集計上は後日反映される。同病院関連の死者は4人目。

 都によると、新規感染者のうち、感染経路が判明している124人では施設内感染が最も多い39人。