10万円給付金で偽サイト

2回目かたるメールに注意

©一般社団法人共同通信社

特別定額給付金のオンライン申請手続きをかたり、個人情報をだまし取ろうとする偽サイトの表示(総務省提供)

 総務省は15日、新型コロナウイルス対策で国民1人当たり10万円を配った特別定額給付金を巡り「2回目の給付が決定した」とのうその情報を伝える不審メールが不特定多数に送付されているとして、注意を呼び掛けた。個人情報をだまし取ろうと偽サイトに誘導する内容で、同省担当者は「絶対にアクセスしないでほしい」と話している。

 総務省によると、不審メールは15日未明ごろから送られたとみられる。差出人を総務省と装い、給付金のオンライン申請手続きをかたる偽サイトを紹介し、氏名や生年月日のほか入金用のカード番号や有効期限、運転免許証の番号などの入力を求めている。