ふたご座の「自己肯定感」の高め方 心が軽くなるヒント

©株式会社ジェイ・キャスト

毎日の生活の中で、うまくいかないことが続くと、自分に自信が持てなくなったり、自分のことをマイナスにとらえてしまうこと、ありますよね。

このコラムでは、心が沈んだときにちょっと楽になるヒントと自信を得る方法を、星座別にお伝えしていきます。

今回は「ふたご座」。ふたご座さんの、ポジティブな性質を客観的にみていきましょう。自己肯定感を高め、自信を持つことにつながりますよ。

ふたご座の基本性格

ふたご座は、軽やかに流れる「風の性質」をもつ星座。刺激的なことや新しいことが大好きで、いつも新鮮な情報を求めて、身も心も動き回っています。知的好奇心がとても強いのも特徴。幅広くいろいろな知識を持ち、それを活かすことで器用に物事をこなしていきます。

多彩な表現力を持つので、人に何かを伝えることに長けています。コミュニケーション能力が高いといわれるのも、この能力があってこそ。話し上手だったり、手先が器用だったり、自分が得た感動や知識を上手に、かつわかりやすく伝えることができるのです。

風の性質は、サッパリしていてクールです。感情にとらわれることなく、理性と情報、知識を用いて物事を判断し、客観的で公平な決断をくだすことができます。

ですから、感情に任せて判断を見誤ることもありません。自分で行動範囲を狭くすることはしないため、人付き合いも広く、様々なジャンルの人と関わることができます。

ふたご座が自己肯定感を高めるためには

ふたご座の本分は、「好奇心が赴くままに、軽やかに新しい世界を楽しむこと」です。

興味の赴くままに様々な知識を吸収しましょう。そして得た幅広い知識を、周りにもわかりやすく伝えていきましょう。

ちなみに、口頭で伝えることだけがコミュニケーションではありません。たとえば絵や音楽、ダンスや作った作品を通してもOK。表現の才能を持つあなたは、とくに意識しなくても自分が受けた感動や考えをわかりやすく人に伝えることが可能です。

ふたご座は、とても柔軟性が高い性質を持っているので、安定感のある場所よりも、変化が多くて流動的な場所の方が活躍できます。もしもルーティンワーク主体の仕事についた場合は、プライベートで刺激を補うと良いでしょう。たとえば休日は友達とのSNSの交流や趣味を思い切り楽しむなど、心がワクワクする時間を多くとると気持ちも安定します。

自信をつけるために、出来るだけ多くの情報と触れる時間を作りましょう。あなたにとって「知っている」ということは、何よりの武器になります。一つの情報に偏らないよう、様々な角度からニュースを取り入れることがポイントです。またフットワークを軽くしておくのも精神的な負担を減らす助けになります。

精神性と深い関係のある星座なので、自分が思うよりも繊細で思慮深く、脳をフル回転しすぎてしまう傾向があります。刺激的な環境は大切ですが、一日中だと身も心も疲れてしまいます。ときには何も考えずに頭を空っぽにする時間を作りましょう。瞑想やたっぷりの睡眠で神経をリラックスさせることをおすすめします。

早矢(はや)

占星術研究家/占い師/キャリアカウンセラー。「インスパイア吉祥寺」主宰。西洋占星術・タロット占いをメインに鑑定・執筆・講演を行う。のべ鑑定人数は1万8000人以上、TV・新聞・ 雑誌等メディア出演多数。産経学園西洋占星術・タロット講師。著書に『守護石事典 あなたを守り導く バースデー&ナンバー』(マイナビ)がある。早矢 オフィシャルサイト(http://www.haya-web.com/