【9月月次】キリン堂HD、全店−16.5%。消費増税駆け込み需要あった昨年9月との対比大きく

©株式会社ドラビズon-line

【2020.10.14配信】キリン堂ホールディングスは、9月月次業績を公表した。それによると、全店売上は−16.5%、既存店売上は−16.1%だった。昨年9月は消費税増税に伴う駆け込み需要があったため、対比が大きなマイナスとなっている。同様に消費税増税前の駆け込み需要のあった月との対比となった2015年3月には−20%などとなった企業もあったため、一概に業績の陰りということはできない。

キリン堂ホールディングスは9月月次業績を公表した。

それによると、全店売上は−16.5%、うち客数は−9.7%、客単価は−7.5%だった。
既存店売上は−16.1%、うち客数は−8.9%、客単価は−7.9%だった。

なお、期間は2020年9月1日〜9月30日。