サッカー=チュポモティング、バイエルンデビュー戦で2得点

©ロイター

[ベルリン 15日 ロイター] - サッカーのドイツ・カップ(杯)は15日、1回戦の試合を行い、バイエルン・ミュンヘンはデューレン(5部)に3─0で快勝した。

バイエルンでは、パリ・サンジェルマン(PSG、フランス)から加入し、今試合が新天地デビュー戦となったエリック・マキシム・チュポモティング(31)が前半24分に先制点を決めると、同36分にはトーマス・ミュラーがPKで1点を追加。さらに、後半30分にチュポモティングが見事な振り向きからのシュートでゴールネットを揺らした。

今季は過密日程を強いられているバイエルン。17日にはアウェーのリーグ戦で堂安律所属のビーレフェルトと対戦し、その4日後にはディフェンディングチャンピオンとして挑む欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ開幕戦でアトレチコ・マドリード(スペイン)と戦う。