社内恋愛で破局!別れた後のNG行動&気まずくならないための接し方

©株式会社大新社

社内恋愛は楽しいものですが、別れた後のことを考えると不安な人も多いはず。元カレと顔を合わせる機会が多いからこそ、お互いが気まずくなる状況は避けたいものです。

ではどうしたら、別れた後も職場で気まずくならずに済むのでしょうか。今回は社内恋愛で別れた後のNG行動と、気まずくならないための接し方を紹介します。社内恋愛に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

やらないで!社内恋愛で別れた後のNG行動

では早速、社内恋愛で別れた後のNG行動を紹介します。

NG行動1.元カレをあからさまに避ける

1つ目のNG行動は、元カレをあからさまに避けることです。

社内恋愛の問題点は、別れた後も元カレと顔を合わせやすいことでしょう。同じ部署にいるなら、元カレとやり取りをする回数も多いはずです。別れた当初は、元カレとの接し方が分からずに戸惑うもの。だからといって周囲が気付くほど、あからさまに元カレを避けるのはNGです。

周囲の人は、元カレを無視するあなたの様子を見ています。事情を知っている人からは「別れたら無視する人なんだ」と思われてしまうかもしれません。

また事情を知らない人も、あなたの行動を疑問に思い始めます。無視する理由を周囲に聞き出せば、職場であっという間にあなたのうわさが広まるでしょう。そうなれば「プライベートを職場に持ち込む人」として、あなたの立場が悪くなる可能性があります。

一方の元カレも、あなたに避けられているとすぐに察するはずです。元カレは「そんなに嫌がられているのか」と落ち込み、気まずさに拍車をかけることとなります。

職場はあくまで仕事をする場です。プライベートの問題を持ち込み、職場の空気を悪くするのは避けましょう。

NG行動2.元カレの悪口や不満を言いふらす

2つ目のNG行動は、元カレの悪口を言いふらすことです。

別れた直後は、元カレに対してモヤモヤした気持ちを抱くのではないでしょうか。不満が溜まれば「誰でもいいから話を聞いてほしい!」と思いますよね。しかし元カレが聞いていないからといって、やみくもに悪口を言いふらすのは賢明ではありません。

こういった話は、誰が聞いているか分からないものです。悪口を言った相手が実は、元カレとつながりのある人だった……なんて事態も起こり得ます。

あなたが悪口を言っていると知れば、元カレはきっと不快に思うはずです。すると今度は元カレがあなたの悪口を言い始めます。それがあなたの耳に入り、2人の関係は後戻りできないほど悪化する可能性があります。

悪口は聞いていて気分が良いものではありません。それよりも元カレの悪い部分を一切話さないほうが、周囲からの良い評価につながるでしょう。

社内恋愛で別れても気まずくならないための接し方

ここからは、社内恋愛で別れても気まずくならないための接し方を紹介します。

接し方1.今まで通りの態度で接する

社内恋愛で別れても、今まで通りの態度で接するよう心掛けてみてください。別れてしまえば、元カレはただの同僚です。変に気を遣って、よそよそしくする必要はありません。

ここで注意したいのが、「いつもと同じようにしなきゃ」と意識し過ぎないことです。意識すればするほど、元カレへの接し方ばかりを考えてしまいます。すると仕事に集中できず、思いもよらない失敗をしやすくなるのです。

別れてすぐは、元カレへの態度がぎこちなくなっても仕方がありません。普通に振る舞おうとしても、なかなかうまくはいかないものです。しかし事務的な態度を取り続ければ、いつしか他の同僚と同じように接せられるようになるでしょう。

接し方2.不必要に自分から近寄らない

気まずくならないためには、不必要に自分から近寄らない努力も大切です。元カレと違う部署であれば、できるだけその周辺に近寄らないようにします。

しかし元カレと同じ部署にいれば、それも難しいですよね。同僚として、ある程度のコミュニケーションは欠かせません。そこで心掛けたいのが、意識的に元カレから遠ざかることです。

同じ部署なら、仲間内でランチや飲み会に行く機会があるはず。もし人数が多くて不参加でも目立たなそうなら、しばらくお誘いを断ってみてはいかがでしょうか。ただし毎回きっぱり断ってしまうと、元カレや同僚を傷つけかねないため注意が必要です。

自分の気持ちばかりを優先するのではなく、周りの状況を考慮するようにしてみてください。どうしても参加する必要がある場合は、できるだけ離れた席に座ったり、少し早めに退席したりするなど、不自然にならない工夫をしましょう。

接し方3.避けられても自分から追いかけない

最後に紹介する接し方は、避けられても自分から追いかけないことです。

先ほど、元カレをあからさまに避けるのはNGだと説明しました。しかし「これからは同僚として接しよう」と思っていても、元カレがあなたを避けることもあるのです。

この場合は元カレの中で、うまく気持ちの整理がついていない可能性があります。もしあなたから別れたのなら、元カレは失恋の痛手に一生懸命耐えているのかもしれません。

しかし元カレの言動が気になるからと、あなたから声をかけるのはやめましょう。元カレの切実な気持ちを聞いているうちに、振ってしまった罪悪感であなたの心が揺れやすくなります。

何より一番つらいのは、あなたにフラれた元カレのはずです。元カレの気持ちが落ち着くまでは、避けられてもあなたから追いかけないよう心掛けてくださいね。

焦りは禁物!別れた後は時間をかけて乗り越えよう

社内恋愛で別れたら、じっくり時間をかけて乗り越えましょう。

社内恋愛のつらいところは、別れた後も元カレと顔を合わせやすい点です。その後の接し方次第では、お互いに仕事がしづらい状況になる可能性があります。

最初は気まずいかもしれませんが、時間がたてばいずれ元の同僚に戻れるはずです。お互いの気持ちを尊重しながら、少しずつ前に進んでいってくださいね。