派遣社員が感じる格差「コロナで社員は在宅。派遣は出勤」「仕事に直接関係あることなのに情報共有されない」

©株式会社グローバルウェイ

社員は在宅なのに……

人材派遣会社と雇用契約を結び、企業に派遣される派遣社員。これまでのキャリアを生かしつつ、自分のライフスタイルに合う勤務地や勤務時間で働くことができる。子育てや介護と仕事を両立したい人や、プライベートを重視したい人にとっては、派遣社員の自由度の高い働き方はメリットが大きい。

しかし、派遣社員ゆえの悩みや不満もある。派遣社員として働くキャリコネニュース読者からは、

「正社員との待遇の違いに不満がある」(千葉県/40代女性/年収300万円)
「給料が安すぎる」(広島県/40代男性/年収100万円)

という不満の声が寄せられている。(文:コティマム)

「何でも派遣に仕事を押し付け、嫌なら契約を切ると脅される」

新型コロナウイルスの影響により、正社員と派遣社員の待遇の違いを痛感したという声もある。

「派遣社員のみコロナでも出勤。社員は在宅勤務なのに。何でも派遣に仕事を押し付け、嫌なら契約を切るとおどす。朝も契約勤務時間前から働かせる」(兵庫県/40代女性/年収150万円)
「正社員はコロナ対策で休みになるのに、派遣社員はそれがない」(東京都/20代女性/年収300万円)
「コロナ禍で同じ派遣会社の同僚が契約更新してもらえず、次は自分かなと諦めている」(千葉県/40代女性/年収300万円)

コロナ禍ではリモートワークや在宅勤務が普及したが、適用されるのは正社員に限られている企業も多い。感染リスクに怯えながらこれまで通り出社しなければならない派遣社員は、正社員との待遇差をより一層感じてしまうだろう。

またコロナの影響で解雇や雇い止めが増える中、派遣切りも増加している。「契約が更新されないのではないか」と不安に感じている派遣社員は多い。

同じ仕事をしていても「蚊帳の外にされ、聞かないと教えてくれない」

また、正社員と同じ業務をしているのに、蚊帳の外にいるように感じてしまうという声もあった。

「派遣社員は参加できない打ち合わせ、アクセスできないサーバーがある」(神奈川県/30代男性/年収450万円)
「仕事の内容に直接関係のあることを共有されず、聞かないと教えてもらえないことが多々ある。派遣社員というだけで雑用を押し付けて、肝心の仕事は正社員に任せる。その正社員ができる人なら仕方ないが、明らかにやる気のない人だとかなり腹が立つ。契約更新に関わるので、言いたいことも言えない」(東京都/40代女性/年収350万円)

正社員と同様の仕事をしていても、同じチームにいても、正社員と派遣社員の間には待遇や権限に差がある。雇用形態に関わらず情報共有をすれば業務がスムーズに進む場合もあるだろうが、なかなか難しい。また派遣先の正社員に意見したくても、契約更新が気がかりで遠慮してしまう場合もある。

自由度の高い働き方ができる派遣社員だが、正社員との待遇差や仕事における扱いに関しては、複雑な思いがあるようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き派遣社員の不満世帯年収300万円台のリアルに関するアンケートを募集しています。