【セブン】「ジェネリック萩の月」に秋フレーバー登場してた! お芋感すごい。

©株式会社ジェイ・キャスト

秋の味覚のお菓子やスイーツが続々登場していますね。みなさんはどんな商品を手に取っていますか?

記者が気になったのは、この商品。セブン-イレブンの「ジェネリック萩の月」こと「とろけるカスタードのふわころ」の秋フレーバーです!

生地もクリームもお芋感たっぷり

2020年9月21日に発売された「なると金時クリームのふわころ」は、「なると金時」芋を使用したクリームを、しっとりふんわりした生地で包んだお芋の蒸しケーキです。価格は116円。

「ふわころ」といえば、SNSでは仙台を代表する銘菓「萩の月」に似ているとの声が多く、「ジェネリック萩の月」などと呼ばれています。また、鹿児島の「かすたどん」に似ているとの声もあり、ふんわりとした生地ところっとしたフォルム、甘めのカスタードが好評を呼んでいます。

そんな「ふわころ」の秋フレーバーとして登場した「なると金時クリームのふわころ」は、見た目からも秋が感じられる紫色の生地生地もクリームもお芋の風味。お芋と優しい甘さにほっこりします。

SNSでは「これもめちゃ美味だった」「クリームがぽってり」「ジェネリック萩の月さつまいも」と好評。

常温商品ですが、中には冷蔵庫で冷やして食べている人も見かけます。記者も試してみましたが、クリームがひんやり&ねっとりして美味しかったです。

気になる人はセブンのお菓子コーナーをチェックしてみて!