小型軽量な新ミラーレス「FUJIFILM X-S10」、ボディ内手ブレ補正・高速AF搭載

©株式会社マイナビ

富士フイルムは、小型軽量ボディに新開発の5軸手ブレ補正機能と、最短約0.02秒の高速・高精度AFを搭載したミラーレスカメラ「X-S10」を11月19日に発売する。価格はオープンプライス。ボディ単体の店頭価格は、税別12万円前後を見込む。レンズキットは3種類用意する。

X-S10のラインナップと店頭予想価格(税別)

  • ボディ単体:12万円前後
  • レンズキット(XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ):13万円前後
  • レンズキット(XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS):16万5,000円前後
  • ダブルズームレンズキット:15万円前後
    (付属レンズ:XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ、XC50-230mm F4.5-6.7 OIS II)

レンズマウントにXマウントを採用した、Xシリーズのミラーレスカメラで、カラーはブラックのみ。重さ465g(付属バッテリー・メモリーカードを含む)の小型軽量ボディに、新開発のボディ内5軸手ブレ補正機能を備え、最大6段分の補正効果を実現し、幅広いシーンで高精細な写真を撮影できるとする。手ブレ補正ユニットは部品を最適に配置することで、Xシリーズのフラッグシップモデル「」に搭載しているものと比べて約30%の小型軽量化を実現したという。

X-T4と同じ、裏面照射型で有効約2,610万画素のAPS-Cセンサー「X-Trans CMOS 4」と画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。最短約0.02秒の高速・高精度AFを実現した。連写性能はメカニカルシャッターで8コマ/秒。電子シャッター時は30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写が可能だ。

動体追従AFにより、カメラに向かってくる被写体だけでなく、遠ざかっていく被写体も正確に捕捉。顔・瞳AF機能も備えている。また、暗闇に近い-7.0EVの低照度環境でもAFがはたらき、夜景撮影など光量の少ないシチュエーションでも被写体を正確に捉えられるという。

最高4K/30pの4K動画(3,840×2,160ドット)やDCI 4K(4,096×2,160ドット)撮影に対応し、連続撮影時間はいずれも最大約30分。6K相当の情報量を活かしたノイズの少ない4K動画記録が行える。4K/30p 4:2:0 8bitでのカメラ内SDカード記録が可能で、4K/30p 4:2:2 10bitのHDMI出力も行え、外部レコーダー(別売)と組み合わせてより多くの色情報を記録できる。

フルHD/60p撮影(最大約30分)や、フルHD/240pのハイスピード動画も撮影できる。ボディ天面には動画撮影ボタンを配置。動画撮影時に使える電子式手ブレ補正を搭載しており、動きの多い動画撮影でも強力にブレを補正できるとする。

多彩な撮影モードを搭載し、クリエイティブな写真撮影をサポート。高彩度な発色とメリハリある階調表現が特徴的な「Velvia」や、低彩度・高コントラストで重厚感のある表現を可能とする「ETERNAブリーチバイパス」など全18種類の「フィルムシミュレーション」が利用できる。

また、撮影シーンに応じて最適な設定を自動で選択する「AUTO/SP」モードのアルゴリズムを刷新し、より鮮やかな風景写真や、被写体を際立たせた美しいポートレート写真を撮影可能。逆光のシーンでも、白飛びや黒つぶれの少ない高画質な写真を撮影できるという。

軽量で高剛性のマグネシウム製グリップを備え、高いホールド性を実現。ボディ天面のモードダイヤルにC1~C4のカスタムポジションを配置し、好みの設定をあらかじめ登録しておくと、素早く呼び出してスムーズに撮影を行える。背面の液晶モニターは3型/約104万ドットのタッチパネルで、自分撮りにも使えるバリアングル構造を採用している。

記録メディアはSD/SDHC/SDXCカード(UHS-I対応)で、最大2TBまでのメモリーカードが利用できる。インタフェースは、USB Type-C(USB 3.2 Gen1)とHDMIマイクロ(Type D)端子、マイク用の3.5mmステレオミニジャック(リモートレリーズ兼用)、ホットシュー。ポップアップ式フラッシュも内蔵する。ワイヤレス機能としてIEEE 802.11b/g/nの無線LANと、Bluetooth 4.2(BLE)に対応。本体サイズは126×65.4×85.1mm(幅×奥行き×高さ)。本体のみの重さは約415g。