ノラ・ジョーンズ×『めぞん一刻』がMVでコラボ 

©ユニバーサル ミュージック合同会社

ノラ・ジョーンズが、最新アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のデジタル・デラックス・エディションをリリース。また、高橋留美子による漫画『めぞん一刻』とコラボレーションをした同収録曲「アイム・アライヴ」のミュージック・ビデオ(MV)を本日10月16日20時より、ブルーノート・レコード公式Youtubeチャンネルでプレミア公開される。

プレミア公開URL:Norah Jones - I’m Alive MV -Japan Original Version / ノラ・ジョーンズ×めぞん一刻「アイム・アライヴ」公式MV

MVでは、「生きる」をテーマにした「アイム・アライヴ」のメロディに乗せて、『めぞん一刻』に登場する音無響子の目線で、音無響子が管理人を務めるアパート・一刻館の住人に出会い、彼女なりに「生きる」という意味を考え、徐々に主人公・五代裕作に心を開いていく様子が描かれている。

 ©高橋留美子/小学館

世界が新型コロナ・ウイルスという困難に立ち向かう中でアルバムをリリースするにあたり、ノラが一番大切にした「生きる」というテーマを一人でも多くの日本のファンに伝えたいという目的のもと企画。

ヒロインの音無響子が、「アイム・アライヴ」の歌詞で描かれている様々な葛藤を抱えながらも強く楽しく生きようとする女性像と共通点が多いこと、また、世界的に愛されるキャラクターであることから、観る人を元気付けられる作品を作りたいというノラが所属するジャズの名門レーベル、ブルーノートの希望により公式MVとして制作が実現するに至った。

原作者の高橋留美子は「とても良い雰囲気で、個人的には懐かしく、またノラ・ジョーンズさんとのコラボはとても光栄です。」とコメントしている。

ノラは、今回のアルバムについて「私たちはみんな人間であり、いろいろなことを経験する。良いときもあれば悪いときもある。『生きる』ってそういうもので、暗い部分があるかも知れないけれど、それは破滅や終わりではなくて人との繋がりを焦がれる気持ちなんだと思います。」と語っており、「アイム・アライヴ」は、「それでも私は生きている」と自分を鼓舞する応援歌となっている。本コラボレーションはミディアム・テンポの優しいピアノとノラ・ジョーンズの心地いい歌声、そして、『めぞん一刻』の楽しくも、ホロリとくる世界観がマッチしている。

最新アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』のデジタル・デラックス・エディションは、世界的に外出が制限されていた3月から、ノラが音楽を愛する人に向けて定期的に配信を続けている弾き語りライヴ・シリーズ「ライヴ・フロム・ホーム」で披露した曲がマスタリングされ収録されている。彼女の過去アルバムや最新アルバムに収録されたオリジナル曲だけでなく、ビートルズが師事したことでも知られる世界的なシタール奏者である父親、ラヴィ・シャンカールやガンズ・アンド・ローゼズのカヴァー曲、ジャズ・スタンダード、そして、これまで配信を含めてリリースされたことのない新曲「ライト・ウィンド・ブローウィング」など、合計30曲がラインナップ。

■リリース情報

ノラ・ジョーンズ

『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア デジタル・デラックス・エディション』

リリース:2020年10月16日

試聴などはこちら 

ノラ・ジョーンズ『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』発売中

通常版: ¥2,860 (税込) UCCQ-1125 

試聴などはこちら