子どもの習い事にかける金額って、どれくらい? 女性100人に聞いた結果は...

©株式会社ジェイ・キャスト

[となりのテレ金ちゃん-テレビ金沢]2020年10月6日放送の「となりの家計簿」のコーナーで、子どもの習い事について取り上げていました。

皆さんのお宅では、子どもの習い事にいくら位の金額をかけているでしょうか?

他の家庭の事情、気になりますよね(画像はイメージ)

最新の習い事事情とは

石川県のマーケティング会社・ウーマンスタイルが、県内在住の20~60代女性100人に「子どもにどんな習い事をさせていますか?」と聞いたところ、断トツで一番多かった答えが「水泳」でした。

そのあとは、学習塾、ピアノ、英語、体操、書道、そろばん、公文、サッカー、野球という順でした。

体を丈夫にさせたいという理由でやはり水泳が人気なのですね。

1か月の習い事代は、1万~1万5000円の価格帯が最も多く、続いて5000円~1万円、1万5000~2万円の順でした。

「好きで始めたのに、なかなか練習できていない」
「旦那は何でも習えって言うけど、送迎も日程調整も宿題も全部私が管理で忙しい」

と言った不満もありました。

定番の習い事以外に、最近では変わった習い事もたくさんあるんです。野々市には全国に37か所しかない「レゴスクール」があります。

誰もが遊んだレゴブロックの教材用のもので、てこの原理を学んだり、プログラミングを学んだり。

探求心、思考力、コミュニケーション、集中力が養われると35年以上の実績もあるそうです。

子どもが飽きずに学べそうですね。

(ライター:りえ160)