コンソールテーブルとは?部屋をおしゃれに変身させられるアイテムの正体が明らかに!

©株式会社WAKUWAKU/リノベ不動産

主にホテルの客室や海外の住宅で、玄関や廊下など人目につく場所のディスプレイ用として使われるコンソールテーブル。最近では、日本でもこだわったインテリアの一つとして取り入れられることが増えてきました。

そこで今回は、コンソールテーブルとはどんなものなのかを解説した上で、使い方や実際に取り入れた事例をご紹介していきます。

ディスプレイ台として用いるコンソールテーブル

コンソールテーブルとは、ディスプレイ台として廊下や玄関などに置いて使う、コンパクトなテーブルのこと。通常は壁面につけて使用します。奥行は数十cmほどのものが一般的で、細長い長方形や半円形をしているのが特徴。

パリのルーブル美術館には、ルイ15世時代(18世紀前半)作とみられる豪華なコンソールテーブルが収蔵されており、コンソールテーブルは少なくとも17〜18世紀ごろには存在していたと考えられます。18世期以降はさらに広くインテリアに取り入れられるようになり、イタリア・フランス・イギリスなどヨーロッパ各地に根付いていきました。

当初は装飾性の高い豪華な作りのものがほとんどでしたが、20世期以降は形状や素材も多様化。シンプルでモダンなデザインのものも現れ、現在では豊富な種類のコンソールテーブルが販売されています。

コンソールテーブルの使い方とは?

壁際の小さなスペースでも配置することができるコンソールテーブルは、さまざまな使い方ができる便利アイテムでもあります。続いては、コンソールテーブルの使い方について見ていきましょう。

ベーシックな使い方は廊下や玄関のディスプレイ
中世のヨーロッパで使われていた時代から、コンソールテーブルはディスプレイするための家具でした。殺風景で寂しくなりがちな廊下や玄関の壁に置いて、上にデスクライト・花瓶・小物などを飾ることで、空間のアクセントとして存在感を放つのです。テーブルを置いた壁に絵画を飾れば、一気におしゃれな廊下へと変身させられます。

収納力アップに貢献するものも
製品によっては、天板の下に引き出しやちょっとした棚のついたコンソールテーブルもあります。玄関や廊下、ダイニングなど収納が不足している場所に置くことで、ディスプレイ兼小物収納として使うこともできるのです。また、ソファの後ろにコンソールテーブルを置いている家もよく見られます。ソファを置くことで生まれるデッドスペースも、幅を取らないコンソールテーブルであれば有効活用が可能です。

作業スペースや化粧スペースにもなる
少し奥行きのあるタイプであれば、小さなチェアとセットで作業スペースとして使うこともできます。壁に鏡をつけることで、簡易なドレッサーとしても機能しますね。ネックレスやイヤリングなどの小物を収納できるタイプを選べば、お出かけ前の身だしなみチェックにも使えて機能的です。

アンティークからモダンまで〜コンソールテーブル事例集

コンソールテーブルについての基本がわかったところで、続いては実際にコンソールテーブルを取り入れたインテリアの事例をご紹介していきます。おすすめの商品もお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。

アンティーク調で格式高い部屋

[(https://www.instagram.com/p/CCk7rCRMeLv/?utmsource=igembed&utmcampaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="blank)

この投稿をInstagramで見る

erikoyamaguchi(@erikopiacere)がシェアした投稿 - 2020年 7月月13日午前2時22分PDT

最初にご紹介するのは、アンティーク調のコンソールテーブルを取り入れた事例。ピアノのレッスン室に置くことで、格式高い雰囲気を演出しています。ピアノの優雅さとマッチするようで、部屋の性格をよく表したテーブルと言えるでしょう。

シンプルなテーブルで壁面を有効活用

[(https://www.instagram.com/p/CCeuj9lDnEO/?utmsource=igembed&utmcampaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="blank)

この投稿をInstagramで見る

じゅじゅ(@juju_home77)がシェアした投稿 - 2020年 7月月10日午後4時32分PDT

2つ目にご紹介するのは、廊下の壁にシンプルなデザインのコンソールテーブルを配置した事例です。奥行きが小さいハイテーブルは、スペースの邪魔にならないのが嬉しいところ。植物との相性もよく、壁に飾ってあるアートを上手く引き立てています。このように、コンソールテーブルを引き立て役として活用することも可能です。

引き出し付きのテーブルはドレッサーに変身

[(https://www.instagram.com/p/CAfH0j-g0I1/?utmsource=igembed&utmcampaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="blank)

この投稿をInstagramで見る

@myswhmがシェアした投稿 - 2020年 5月月22日午前3時10分PDT

3つ目にご紹介するのは、引き出し付きのコンソールテーブルとチェア・鏡を組み合わせて、自前のドレッサーとして使用している事例です。引き出しにコスメや小物を収納できるので、実用性もバッチリ。この部屋ではアンティーク調のテーブルを使用していますが、スタイリッシュなデザインのものを選べば、どんな部屋でもマッチする万能ドレッサーとして使えますね。

初めて取り入れる人にもおすすめのコンソールテーブル

事例を見る中で、自分の家にもコンソールテーブルを置きたくなった人がいるかもしれません。そんな人におすすめなのが、こちらのシンプルなコンソールテーブル。ホワイトオークとウォールナットの無垢材を使用しており、温かみのある質感と飽きのこない洗練されたフォルムが特徴です。少し寂しい場所に置くだけでさり気ないアクセントになりますね。

まとめ

今回は、コンソールテーブルとはどのようなものなのか、どんな使い方があるのかという点について解説してきました。中世ヨーロッパの時代からディスプレイ台として使われてきたコンソールテーブルですが、装飾用だけでなく幅広い使い方ができる優れものです。

部屋の中に寂しい場所やデッドスペースとなっている場所があるなら、シンプルなコンソールテーブルを置いてみてはいかがでしょうか。テーブルを置くだけで、部屋に足りなかった彩りをプラスできるかもしれません。