40年超運転「議論始まる」

エネ庁同意要請に地元町長

©一般社団法人共同通信社

資源エネルギー庁の小沢典明首席エネルギー・地域政策統括調整官(手前)と面談する野瀬豊福井県高浜町長(左)=16日午後、高浜町役場

 資源エネルギー庁の小沢典明首席エネルギー・地域政策統括調整官は16日、福井県高浜町の野瀬豊町長と面談し、運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(同町)の再稼働同意を求めた。野瀬氏は面会後の取材に「(町内での)再稼働の議論が始まる」との認識を示し「議会や町民の意見に耳を傾けたい」と述べた。

 小沢氏との面談で野瀬氏は「(再稼働同意は)町内の議論を踏まえ、適切な時期に判断する」と応じた。また「再稼働を進めるにあたり、町の財政事情や課題に対する手だてをお願いしたい」と交付金などによる支援を求めた。