「縁起の悪い」プレゼントって? 知って損なし、贈り物タブー

©株式会社オールアバウト

ギフトを考える上で大切なことは、何を贈れば喜ばれるのか、自分の思いを相手にどう伝えたいのかです。しかし中には、知らないよりは知っておきたい縁起の悪いプレゼントというものがあります。昔から縁起が悪いとされるもの、単に語呂合わせがよくないだけの場合もありますが、探せば意外とあり、知っておいて損はありません。

切る・割れる・壊れるもの

包丁やナイフ、ハサミは、刃物で代表されているものですが、「縁を切る」と連想されるので結婚祝いの贈り物としてNGと考えられています。

陶器、鏡、ガラス器も「割れるもの」として不吉な贈り物。不意に落として割ってしまったり、使っているうちに欠けたりと、縁起の良くないことが起こるかもしれませんよね。

割り切れる数

慶事は奇数、弔事は偶数といわれています。昔から奇数は、おめでたい数字とされてきました。反対に割り切れる偶数は、贈り物の数字としてはよくないとされています。

例外として2や8は偶数になりますが、2は1ペアとして、また8も「末広がり」につながり吉とされているので問題ありません。なお、4は「死」、9も「苦しむ」につながる数字で、不吉とされているので避けること。

履物や肌に直接身につけるもの

履物・靴・靴下、ベルトなどがこれに当たり、目上の人へのお祝いには贈ってはいけないものとされています。ベルトは「気を引き締めなさい」というイメージを相手に受け取られ、失礼や非常識だと思われてしまいます。また靴やスリッパ、靴下も「相手を踏みつける」というイメージがあるといわれています。

筆記用具(万年筆、ボールペン)も同様に、「仕事や勉強に励みなさい」と上から目線で贈ることになるのでNGといわれています。

火に関連するもの

火に関連するものとして、ストーブ・ライター・灰皿などがあります。他にもホットプレートやトースターなどの実用品、人気のアロマキャンドルもNGな贈り物といわれています。

それらは火を連想してしまうので、希望が無い限り新築や引っ越し祝いには贈らないのが基本。またお花やワインを贈る場合も赤色は要注意です。

弔事に使われるもの

日本茶は弔事に使われることが多いので、お祝い事に贈るのは不適切とされています。しかし、華やかな茶筒に入ったギフトなどもあるので、お茶好きな方へは喜ばれるかもしれません。相手をよく知った上で贈られることです。

弔事で白い布を遺体の顔にかけることから、白い平織りのハンカチも避けます。ハンカチを漢字で表すと「手巾(てぎれ)」。手切れから縁を切ることにつながり、「もう会いたくない」という意味になるので、贈り物としてはタブーです。

機能性、デザイン、カラーと優れた日用品としてもらうと筆者なら嬉しいですが、親しい方限定にしておきましょう。

「苦」や「死」を連想させるもの

「苦」や「死」を連想させられる「櫛」も縁起が悪い贈り物です。櫛は歯が欠けることもあるので避けるのが無難ですね。といっても今はわざわざ「櫛」を贈ることはないと思いますので参考までに!

花に関連するもの

病院へお見舞いとして持っていく場合、香りの強いもの(ユリなど)は避けた方がよいでしょう。真っ赤な色の花も綺麗ですが「血を連想する人もいる」などで縁起が悪いといわれているため、気をつけてください。

鉢植えの花は、「寝付く(根付く)」につながり長患いのイメージに。シクラメンは「死」「苦」に通じる、菊は「葬儀」を連想する、椿は「花が首から落ちる」、あじさいは「色があせる」などのことからタブーとされています。切花の本数にも注意します。4本、9本、13本は避けるように。縁起の悪い花に関連するものって意外とあるものです。

なお赤いバラは恋人に贈る花。結婚のお祝いの花として贈る場合は、くれぐれも誤解されないように! 花言葉もあらかじめ調べておいた方が無難です。たとえば、クリスマスローズは「中傷」「スキャンダル」。黄色いバラは、「嫉妬」「ねたみ」などがあります。

いかがでしたでしょうか? 縁起が悪いといわれているプレゼント、たくさんありますよね。ですが大切なことは、何を贈れば喜ばれるのか、自分の思いを相手にどう伝えたいのかということをお忘れなく。

(文:中山 みゆき(冠婚葬祭ガイド))