<新型コロナ>安心して本を手に 新型の図書除菌機、小川の図書館が設置 「気持ち良く読める」と好評

©株式会社埼玉新聞社

開架室の出入り口横に設置されている図書除菌機=小川町立図書館

 埼玉県の小川町立図書館は、新型コロナウイルス感染防止対策として、新型の図書除菌機を設置した。来館者に「安心して図書館の本を利用してもらおう」と導入した。

 除菌機は本の下からファンで風を送り、内側まで紫外線を当てることで、除菌・殺菌する。一度に6冊の本を30秒で処理できる。同時にページ間のほこりや、においも取り除けるという。

 除菌機は、開架室の出入り口横に設置。基本的には、貸出手続きを終えた利用者が、自分で機械を操作する。

 親子連れや年配者などから「(安心して)気持ち良く、本が読める」と好評といい、同図書館は「今後も安心して本を手に取ってもらえるよう、サービスの充実を図っていきたい」としている。