あゆみくりかまき[インタビュー]ハロウィン配信ライブで仕掛ける最幸のイタズラ「私たちの挑戦している姿が、みなさんの勇気とか希望になれば嬉しい」

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

あゆみくりかまき[インタビュー]ハロウィン配信ライブで仕掛ける最幸のイタズラ「私たちの挑戦している姿が、みなさんの勇気とか希望になれば嬉しい」

あゆみくりかまきが、10月20日(火)に生配信ワンマンライブ<不思議の国のアユクマ〜”PUNK”kin Halloween party〜>を開催する。グループ初のミュージカル風ストーリー仕立ての構成となる本公演は、配信ライブだからこそできる彼女たちの新しいエンタテインメントを提示する重要なステージになる。ライブを主戦場に活動してきたあゆくまにとっても大きな挑戦と言える今回のハロウィンライブに、彼女たちはどのような想いを持って臨もうとしているのか。3人に同公演への意気込みや見どころ、決意などをじっくり語ってもらった。

【画像はこちら】

取材&文:竹内伸一

またぎの想いがビシビシ伝わってきました(あゆみ)

――今回は、10月20日に行なわれる生配信ライブ<不思議の国のアユクマ>についてお伺いしたいと思っています。その前に、9月13日にEX THEATER ROPPONGIで行なわれた有観客ワンマンライブ<あゆみくり夏まき2020〜AKM SEATER ROPPONGI〜>の感想を聞かせいただけますか?

まき:

めちゃめちゃ楽しかった……本当にそう思っています。あゆくまのライブって、声を出したり、みんなで(フロアを)移動したり、そういうところが醍醐味だと思っていたんですけど、それができないっていうのは“どんなライブになるんだろう? またぎ(あゆみくりかまきのファンの総称)は満足できるのかな? 自分たちも満足できるのかな?”って、最初は不安だらけだったんですよ。でも、不安よりも(またぎに)会えたことの喜びの方が全然大きくて。またぎのみんなが不安を跳ねのけてくれて、すごく楽しいライブになりました。それは3人とも同じ気持ちだったと思います。

くりか:

くりかも、またぎに会えて嬉しいというのが1番の気持ちでした。それまで配信ライブを何回かやったんですけど、みんながいるってことで生きている心地がしたというか……久しぶりに“ライブってこれや!”って感覚になれました。まだ状況を見ながらになってしまいますけど、こうやってみんなに会えるライブがまたできたらいいなって思いました。

あゆみ:

まっちゃんが言うように、またぎの声が聞こえないことに不安もあったんですけど、みんな、マスクをしていてもここ(目元)だけでも、表情が伝わってきて……“あ、今、笑ってくれているんだな、楽しんでくれているんだな”って、空気感でわかるんです。またぎの想いがビシビシ伝わってきました。それと、ライブをコントから始めたんです。それもよかったと思います。(コントをやっていて)目元だけでも喜んでくれていることがわかったので、そのあとのライブも、不安なく全力でやれました。

――ライブをコントから始めたのは、何か狙いがあったんですか?

まき:

会場がEX THEATER ROPPONGIだったので、“シアター”ということで1つの物語のようなライブにしようというのが、自分たちの中にあったんです。それに、普通にライブをやったら、声が出せないとか、いろいろ制約があるので、いつものライブよりも劣ってしまうんじゃないかという気持ちもあって。“今までと同じようなライブはやめよう”って、チームで話をしたんです。それで1つの物語としてライブをやろうということになって、まずは物語の世界観をわかりやすく伝えるために、コントで始めようということになったんです。途中、影アナでコントをやって、最後もコントで締めました(笑)。でも、それって今だからこそできるライブだったと思うんですよ。私たちにとっては挑戦でしたけど。

――なんだか、お笑いライブみたいな構成ですね(笑)。

まき:

ホンマや(笑)。どこ目指してるんやろって、自分でもちょっと思いました(笑)。

――今しかできないことは何かと考えたら、それがベストだったわけですね。

まき:

はい、すごくハマったと思います。

――“あゆくまのライブにはまたぎが必要”だと、みなさん常々おっしゃっていましたが、その想いは強くなったのではないですか?

まき:

改めて強くそう思いました。スタッフのみなさんに、ライブが終わってからめちゃくちゃ心配されたんですよ。“どうやった?”みたいに。でも、あゆみが言ったように、またぎの顔を見てライブができたので、全然問題なかったんです。“今、笑ってくれているな”とか“感動してくれているのかな”って感じながらライブができたので、心がすごく動いたライブができたと思っています。

くりか:

私も、またぎの力みたいなものをめちゃくちゃ感じました。またぎとしても、声を出せないからこそ、スケッチブックにメッセージを書いて掲げてくれたり、うちわを作ってきてくれたりして。声は聞こえなかったんですけど、本当に気持ちは通じ合えたと思います。始まるまでは、声が聞こえないと、物足りなさを感じるのかなって不安もあったんです……今まで、ライブでは、またぎに声を出してもらうことが、すごく重要な部分だったので。でも、さっきも話に出ましたけど、物足りなさよりも、みんなに会えた、気持ちが通じ合えたという嬉しさの方が上回っていました。

あゆみ

あゆくまなりのミュージカルだと思って楽しんでもらえれば(まき)

――“またぎの素晴らしさを改めて感じるライブができた”という経験を経て、次は再び無観客の生配信ライブになるんですよね。無観客のワンマンライブは7月にも開催していて、無観客と有観客という2つのスタイルのワンマンライブの経験を踏まえて、今回のライブとなるわけですよね?

まき:

そうですね。でも、9月のライブの時に、“行きたくても行けない”という事情を抱えている方がたくさんいることがわかって。“行きたいけど行けないんです。すごく寂しいです”っていう声を直接聞きました。10月もお客さんを入れるかどうか、みんなですごく話し合ったんですけど、お客さんを入れるということは、やっぱりまだいろいろな制限がかかってしまう。会えない人がたくさんいるっていうのは、私たちも寂しいんですよね。前回、お客さんに会えた喜びを感じたんですけど、今回は、応援してくれるすべての人にライブを観てもらいたいという気持ちが強くなったんです。それに“ハロウィンライブ”だからこそできることがあるなって思うんですよ。それはたぶん、配信ライブでしか成り立たないんじゃないかと思うんです。

――応援してくれるすべての人に観てもらいたいという意味では、配信ならば日本全国で観ることができますよね。

まき:

そうなんです。それにアーカイブもあるので、生配信を観られなくても、観てもらうチャンスがありますし。多くの人にあゆくまのライブを楽しんでもらいたいですね。

――それで、今回は“あゆくま初の体験型ミュージカル!?”と銘打たれていますが、どんな内容になるのでしょうか?

まき:

あゆみくりかまきがハロウィンパーティをやっていて、そこに私たちのキャラクターのクマ“もっくん”が現れて、私たちを不思議の国へと連れ出す……そんな物語なんです。観ている方も一緒に物語が進んでいくので、“体験型”というキャッチフレーズにしました。それで、もっくんといろいろあるんですよ(笑)。ね?

あゆみ・くりか:

ふふふふ(笑)。

まき:

いろいろあるんです(笑)。物語が進むことで、もっくんと私たちの絆、そしてまたぎと私たちとの絆が深まる……そんな内容になる予定で、最後はアコースティックライブをやって、“みんなで一緒に歌おう! 1つになろう!”そんなコンセプトなんです。アコースティックは、これまでもやったことがあるんですけど、今回は私たちのオリジナル曲だけでやる予定です。これまではカバーもやっていたんですけど。そこも楽しみの1つだと思います。

――ミュージカル的なセリフのやりとり……いわゆる芝居のパートもあるんですか?

まき:

めっちゃめちゃあるんですよ(笑)。ほら(台本を取り出す)。うちのマネージャーさんが台本を書いているんですけど、めちゃめちゃ細かいんですよ。ちゃんとミュージカルです!

あゆみ:

ミュージカルってセリフを歌で表現するじゃないですか。でも、そういうシーンはないんです。セリフを歌うことはしないです。

――セリフのやりとりがあって、歌につながっていくという構成なんですね。

あゆみ:

そうです。歌の部分は、がっつりいつものあゆくまです(笑)。

まき:

いつもやっているコントもそういう構成なんですけど、でも、今回はコントとはちょっと違うので、ミュージカルかなって(笑)。ミュージカルっぽいところがけっこうあるので、“体験型ミュージカル!?”ってキャッチフレーズをつけたら、みんなもワサワサするかなってことで(笑)。ともかく、自分たちの気持ち的にはミュージカル。劇団四季を観ている人からしたら“何がミュージカルやねん”と思われるかもしれないですけど(笑)。あゆくまなりのミュージカルだと思って楽しんでもらえればいいかな(笑)。

――そもそもどなたの発案だったんですか?

まき:

あれ、なんでミュージカルになったんやろ?

あゆみ:

みんなで話し合っているうちに、ミュージカルになりました(笑)。

まき:

そうだ、私、イリュージョンをやりたかったんですよ。“ハロウィンだからできること、イリュージョンやな”って思って。イリュージョンから始まって、いろいろ枝分かれしていくうちにミュージカルになりました。結局、イリュージョンはなくなって。お笑い要素が強くなるからダメだって(笑)。

あゆみ:

でも、イリュージョンっぽいことはやるよね。

まき:

あ、そうだ。あるんですよ、楽しみにしててほしいです(笑)。

まき

映像と音楽のコラボレーションに注目してほしい(くりか)

――まきさんは“本編で任せてもらえたことがある”とブログに書いていましたが、言える範囲で教えてください。

まき:

今回の物語の導入になる絵を任せてもらいました。今日、提出日だったので、さっき渡したところです(笑)。

くりか:

今回、映像をすごく使うんです。映像と音楽のコラボレーションというような感じなので、そこは注目してほしいです。

――セリフもあるし、映像を使った演出もあるとなると、いろいろと段取りが大変そうですね。

くりか:

そうなんです。映像とタイミングを合わせないといけなかったりするので、リハできっちり詰めていかないとなって思ってます。

――今回はいつもよりも多めにリハーサルをやるんですか?

まき:

いや、それが意外と少ないんです(苦笑)。スタジオに入る回数は9月のワンマンの方が多かったですね。映像とリンクする内容なので、映像が完成するまではなかなかできないんですよ。映像が上がってきたら、一気に詰めていく感じですね。それまでは、事務所とかに集まって、できることから練習していこうかなと思っています。例えば、半年以上ぶりにやる曲とかもたくさんあるので、振り付けを忘れているところもあったりするので、そういうところを3人で詰めていったり。

くりか:

もう、全部が不安です(笑)。今までだと、セトリを決めて、それを通してやってみたら、全体の雰囲気がつかめたんですけど、今回は映像もまだできていないので……。全体が見えていない感じですね。それに、今までとは違うライブなので、まだ“未知の世界”って感じです。映像が上がってきて、本格的なリハに入って、そこでどれだけ詰められるか……不安でいっぱいです(笑)。

あゆみ:

私はまだ不安にもなっていないです(笑)。まだ映像もできていないですし、不安になる要素がまだなにもない(笑)。きっと本格的にリハをやり始めると不安な部分も出てくると思うんですけど、今はまだ楽しみの方が大きいです。

くりか

レンズの向こうには観てくれている人がいるんだなって思えた(あゆみ)

――話が戻りますけど、あゆみさん、くりかさんも、配信ライブをやってみて、面白かったこと、難しかったことを教えてください。

あゆみ:

最初は、目の前にまたぎがいるいつものライブをやっていたんですよ。自分の中では、そういう気持ちで歌っていたんです。でも実際にはいないから、じゃあどういう風に伝えようと考えたときに、レンズの向こうにいるって思ったんです。途中から、それをすごく感じるようになって。自分の中では、7月の<みんなと作るHAPPY ROCK LIVE>の途中から、感じ方とか伝え方が変わった気がします。最後は、本当にいないと思えなくて。ちゃんとその場にいてくれている、そんな感覚で歌えました。

――何か意識が変わる瞬間があったんですか?

あゆみ:

うーん……最初は目線を下げていたというか、いつもまたぎがいるところを見て歌っていたんです。パッと目線を上げたら、スタッフさんが大勢いたんです。それで、こんなにたくさんの人が私たちを支えてくれているんだって感じて。途中から振りとかをやってくださったりして、すごく感動しました。私たちだけじゃないって思えて、こうやって支えてくれる人もいるし、(カメラの)レンズの向こうには観てくれている人がちゃんといるんだなって思えたんですよね。

くりか:

配信ライブのアーカイブを観た時に、カメラ越しでも目を合わせるってことがすごく大切だなって思ったんです。ライブの時は、カメラが何台かあるので、どれで撮られているかわからないこともあるんですけど、なるべくカメラを見るようにしようと思いました。配信ライブをやって気づいたことというと、それが1番大きいかな。

――カメラをガン見しているくらいでちょうどよい?

くりか:

ガン見する必要はないんですけど(笑)、振りがフリーになったところとかで、カメラが前にあれば、近くに寄ってカメラを見て歌うとか、指をさすとか、バイバイするとか、そういうことを心がけるようにはしています。

――今回は“ハロウィンパーティ”ですけど、視聴する側は何か準備しておくとより楽しめるといったことはありますか? 例えば、仮装するといいとか?

まき:

仮装はしてほしいです! 当日は「#不思議の国のアユクマ」で、みんながどんな仮装をしているのか、つぶやいてほしいなと思ってます。それを3人で観て、“こんな格好をしてくれてるんや!”って、楽屋なんかで盛り上がると思うので。それがつながっているなって感じる瞬間だとも思うので、頑張って仮装してほしいです。ライブ会場で仮装するのは恥ずかしいかもしれませんけど、今回は配信なので、自宅で観るんだったら、仮装している姿を他人に見られることはないですよね。だから、思い切って、自分のやりたい仮装に挑戦してほしいですね。

あゆみくりかまき

命がけでやりたいなと思っています(笑)(くりか)

――今回のライブの見どころを教えていただけますか?

あゆみ:

映像ですね。映像と私たちのパフォーマンスの融合が1番の見どころだと思います。あゆくまのライブは、非日常的な空間を目指してやっているんですけど、今回は、より“夢の国感”が出ると思うので、楽しみにしてほしいです。

――不思議の国の世界観が満載のライブになりそうですね。

あゆみ:

本当に満載です!

くりか:

あゆみが言ったとおり、映像を交えて、最初から最後までファンタジーというか、不思議の国の世界観が楽しめるものにしたいと思っているので、ぜひ観てほしいです。

まき:

ミュージカル未経験者が、ミュージカルを作っているというのも1つの見どころかも(笑)。今、こういうご時世で、みなさん、いろいろなものを抱えながらお仕事や学校で頑張っていると思うんですけど、このライブを観て、心が温かくなってもらえたら嬉しいですね。それと、新たなことに挑戦しているあゆみくりかまきを観ていただけたら。私たちの挑戦している姿が、みなさんの勇気とか希望になれば嬉しいなと思うので、“私たちはこれからも挑戦し続けていくよ!”という想いを込めて、頑張りたいですね。

――ちなみに、みなさんお芝居の経験は?

まき:

私とあゆみは舞台をやったことがあります。

くりか:

私は初めてです。コントしかやったことないです(笑)。

まき:

コントも立派なお芝居やん(笑)。(くりかはコントが)どんどんウマくなっているんですよ。

くりか:

ふふふふ(笑)。

まき:

9月のライブではめちゃくちゃ噛んでましたけど(笑)。しかもリハでは噛んだことがないところで。でも、そこが逆にお客さんにウケてました(笑)。だから、結果的にはすごくよかったな?

くりか:

そうなんかな(笑)。でも、あの時はど忘れしたもんなあ。セリフが出てこなくなってしまって、すごくあかんなって思いました。

――想像しただけでも、それは怖いですね。

くりか:

怖かったです! もうどうしようかと……1回パニくってしまったら、もうわけがわからなくなってしまって。あゆみが私のセリフをパッと言ってくれて、なんとかなったんですけど、今回は、コントよりちょっと本格的……いや、コントも本格的というか本気でやっているんですけど(笑)。でも、コントは間違えても笑いに変えることができますけど、今回は、それはできないので、命がけでやりたいなと思っています(笑)。

あゆみ・まき:

はははは(爆笑)。

まき:

命はかけないで(笑)。生きて!

くりか:

ははは(笑)。でも、そのくらいの気持ちで、失敗しないように頑張りたいです。

まき:

その気持ちだけ受け取っておくから(笑)。

――では、最後に年末に向けての予定や意気込みをお願いします。

まき:

今年の年明けに話していた時間軸とは、まったく違った動きになってしまったんですけど、そこに後悔みたいなものは全然なくて、今できる最大限をやってきたつもりです。スタッフさんも一緒に、それに対して全力で向き合えているので、すごくよい感じでここまで来れているなと思っています。それと、またぎの想いというものが、めちゃくちゃ大きいことに改めて気づきました。お互いによい関係でい続けられているなっていうことも改めて感じることができました。10月20日は配信でライブをやって、年内の最後にはやっぱりみんなに会いたい。そこで今年や来年はこうしたいという想いをみんなに直接伝えられたらいいなと思います。

くりか:

今はまだ、多くの方がもどかしい気持ちでいると思うので、私たちが毎日の癒やしになれたら。ちっちゃいことでもいいので、ちょっとでも喜んでもらえることをやっていきたい……そんな気持ちが今は1番大きいかな。SNSや、いろいろな形で発信していくことを頑張ってやっていきたいです。

あゆみ:

今できることを全力でやる、それがどんな状況にあっても1番かなと思います。ハロウィンの配信ライブも、コロナの感染が拡大していなかったら、きっと今回のような形ではやっていなかったと思うんです。でも、今だからこそできることだと思うんで、そんな風に今できることを3人でやっていきたいと思っています。まずは、10月20日を全力で頑張ります。

あゆみくりかまき

あゆみくりかまき サイン入りチェキプレゼント

<不思議の国のアユクマ~"PUNK"kin Halloween party~>

日時:2020年10月20日(火)入場 18:30 / スタート 19:00 / 終了(予定)20:45

アーカイブ配信期間:2020年10月24日(土)12:00~10月25日(日)12:00

※期間内に何度でも視聴可能です。

チケット:¥3,000(税込)

※視聴には、無料ファンクラブ「またぎ会」へのご登録と視聴チケット「StreamPass」の購入が必要になります。

※購入・視聴には、「またぎ会」にご登録のPlus member ID(旧 EMTG ID)でのログインが必要になります。

※生配信視聴は、配信視聴専用アプリ「FanStream」をダウンロードしご覧いただけます。(アプリダウンロードには、iOS端末・Android端末のいずれかの端末が必要となります。推奨環境はアプリ案内ページにてご確認ください。)