高橋裕紀「決勝はどんなコンディションになっても対応できるようにしたい」/全日本ロード第4戦もてぎ ポール会見

©株式会社サンズ

 10月17日、栃木県のツインリンクもてぎで開催されている2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦スーパーバイクレース in もてぎのST1000クラス予選を終え、ポールポジションを獲得した高橋裕紀(日本郵便HondaDream TP)が予選を振り返った。

■高橋裕紀/日本郵便HondaDream TP
「今大会も前回のオートポリス同様、チームが事前にスポーツ走行に連れてきてくれました。そこでドライとウエット両方のコンディションで走れたから、うまく対応することができました。でも本当はもっといいタイムを出していきたかったです」

「最後、セッティングを出すのにもう一度ピットに入るか迷ったんですが、ほかの人が上に来てしまったら困るので、そのまま走り切りました。結果的にポールポジションがとれてよかったです」

「ドライのセッティングは煮詰まっていますが、ウエットはテストではフィーリングよかったけれど、今日はいまいちだったので、このあと今日のデータを見直して、明日はどんなコンディションになっても対応できるようにしたいです」

「全く余裕はありませんよ。昨日も転倒しているし、今日もギリギリでした」