溶け出すマシュマロ~! カフェ風“ホットドリンク”4種のレシピ

©マガジンハウス

お茶の時間が充実する絶妙アレンジを試したい。

家での時間が長い今、ティータイムもちょっぴり凝ってみたい。

「意外性のある素材を取り合わせるなどの、ひとひねりがコツ」とは、料理家の田中美奈子さん。

「例えばミルクティーを紅茶ではなく玄米茶で淹れてみると、香ばしい香りでさらりと飲めて、あんこのお菓子によく合います。コーヒーはチョコレートを溶かしてもおいしいし、マシュマロを浮かべると“大人のラテ”風に。りんごやしょうがを煮て作るドリンクも、手軽ながらちょっとしたおやつ感があっておすすめですよ」

秋冬にぴったりの、ホットドリンク4種を教えてもらった。

カフェ気分のあったかドリンク。

ジンジャーシロップ

シロップを作り置けば、いつでも手軽に楽しめる。

【材料/作りやすい分量】
しょうが(スライス)…200g
三温糖…200g
黒こしょう(ホール)…10粒
唐辛子…1本
レモン汁…20ml

【作り方】
ジンジャーシロップを作る。しょうがと水240ml、三温糖、こしょう、唐辛子を鍋に入れ、弱火にかける。10分ほど煮て火を止め、レモン汁を加える。冷めたら清潔な保存容器に移す。シロップをしょうがとともに好みの量カップに入れ、お湯で割る。

マシュマロコーヒー

溶け出したマシュマロのコクを楽しむコーヒー。

【材料/1人分】
ドリップコーヒー、マシュマロ、ココアパウダー…各適量

【作り方】
カップにコーヒーを注ぎ、マシュマロを好みの量浮かべて、ココアパウダーをふる。

玄米ミルクティー

カフェイン控えめだから、夜のリラックスタイムにも。

【材料/1人分】
玄米茶葉…3g
お湯…90ml
牛乳…120ml
きな粉(好みで)…適量

【作り方】
ポットに茶葉を入れ、沸かしたてのお湯を注いで蓋をし、3分ほどおいて抽出する。カップに注ぎ、温めた牛乳を注ぐ。好みできな粉をふる。

ホットアップルサイダー

シナモン香る、アップルパイのような贅沢な味わい。

【材料/作りやすい分量】
アップルジュース(濁っているタイプ)…300ml
りんご…1/4 個
シナモンパウダー、あればクローブパウダー…各適量

【作り方】
りんごは芯を除き、皮ごと2mm幅にスライスして鍋に入れる。アップルジュースを加えて火にかけ、りんごが柔らかくなるまで加熱する。火を止めて、シナモンパウダーと、あればクローブパウダーをふる。

田中美奈子さん 料理家、カフェディレクター。商品開発などの傍ら行うケータリングは予約が取れない人気。著書に『ケータリング気分のBox Food』(文化出版局)。

※『anan』2020年10月21日号より。写真・宮濱祐美子 取材、文・新田草子 撮影協力・UTUWA

(by anan編集部)