ジョナサン・レイがSBK6連覇を達成【順位結果】2020SBK第8戦エストリル(ポルトガル)決勝レース1

©株式会社サンズ

 10月17日、2020年SBK第8戦エストリル(ポルトガル)の決勝レース1がエストリル・サーキットで行われ、トプラク・ラズガットリオグル(パタ・ヤマハ・ワールドSBKオフィシャルチーム)が優勝を飾った。2位はチャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)、3位はギャレット・ガーロフ(GRTヤマハ・ワールドSBKジュニアチーム)が入っている。

 チャンピオンシップポイントはSBK第7戦フランスラウンド終了時点でジョナサン・レイが340ポイント、スコット・レディングが281ポイントであり、最終戦エストリルで最大62ポイントを稼ぐことができるためレディングが逆転王者になる可能性があった。

 しかし、レディングはレース1でマシントラブルを起こしたことからノーポイントリタイアに終わり、4位フィニッシュしたレイが353ポイントを稼いで、史上初となる6度目のSBKチャンピオンに輝いた。

■2020年SBK第8戦エストリル(ポルトガル)レース1順位結果(21周)
路面:ドライ

Pos. No. Rider Team/Machine Time/Gap

1 54 T.ラズガットリオグル パタ・ヤマハ・ワールドSBKオフィシャルチーム(ヤマハYZF-R1) 34’13.229

2 7 C.デイビス Aruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)

  • 3.039

3 31 G.ガーロフ GRTヤマハ・ワールドSBKジュニアチーム(ヤマハYZF-R1)

  • 4.220

4 1 J.レイ カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)

  • 9.645

5 91 L.ハスラム Team HRC(ホンダCBR1000RR-R)

  • 15.732

6 22 A.ロウズ カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)

  • 15.926

7 21 M.ルーベン・リナルディ チーム・ゴーイレブン(ドゥカティ パニガーレV4 R)

  • 16.205

8 12 X.フォレズ カワサキ・プセッティレーシング(カワサキZX-10RR)

  • 17.842

9 76 L.バズ テンケイト・レーシング・ヤマハ(ヤマハYZF-R1)

  • 18.035

10 66 T.サイクス BMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)

  • 18.404

11 94 J.フォルガー ボノバ・アクション by MGM・レーシング(ヤマハYZF-R1)

  • 20.834

12 50 E.ラバティ BMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)

  • 30.026

13 36 L.メルカード モトコルセ・レーシング(ドゥカティ パニガーレV4 R)

  • 31.886

14 13 高橋巧 MIEレーシング・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR-R)

  • 47.164

15 51 G.グラナド MIEレーシング・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR-R)

  • 48.801

16 32 M.モライス ORELAC Racing VERDNATURA(カワサキZX-10RR)

  • 56.970

17 19 A.バウティスタ Team HRC(ホンダCBR1000RR-R)

  • 1’32.677

18 84 C.クレッソン OUTDOカワサキTPR(カワサキZX-10RR) 1Lap

RT 64 F.カリカスロ GRTヤマハ・ワールドSBKジュニアチーム(ヤマハYZF-R1) 9Laps(リタイア)

RT 60 M.ファン・デル・マーク パタ・ヤマハ・ワールドSBKオフィシャルチーム(ヤマハYZF-R1) 14Laps(リタイア)

RT 45 S.レディング Aruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R) 16Laps(リタイア)

RT 71 M.フェラーリ モトコルセ・レーシング(ドゥカティ パニガーレV4 R) 19Laps(リタイア)

2020年SBK第8戦エストリル(ポルトガル) レース1 ジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)
2020年SBK第8戦エストリル(ポルトガル) レース1 ジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)
2020年SBK第8戦エストリル(ポルトガル) レース1 ジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)