鬼滅の刃!マリオ!ぺこぱ!川崎フロンターレ、全28選手の「ハロウィン仮装」まとめ

©株式会社コリー

明治安田生命J1リーグで首位を快走する川崎フロンターレ。

18日には今季リーグ戦で唯一黒星を喫した名古屋グランパスとホームで対戦する。

そんな彼らが10月9日から16日にかけて、「コスプレ」をWeb上で公開し大きな話題となった。

選手がコスプレを行うという、川崎フロンターレのハロウィン恒例企画。

今年も様々な人物やキャラクターが登場したので、おそらくのネタ元とともにまとめてみた(※掲載は投稿順)。

チョン・ソンリョン(J.Y.Park)

山村和也(冴羽獠)

イ・キョンテ(海坊主)

※イ・キョンテはこのツイートの前日にファジアーノ岡山から期限付き移籍で加入したばかり。

田中碧(マーティ・マクフライ)

イサカ・ゼイン(瑛人)

丹野研太(サウナにいる人?)

旗手怜央(クレヨンしんちゃん)

三笘薫(鬼太郎)

登里享平(目玉おやじ)

下田北斗(ねずみ男)

守田英正(子泣きじじい)

中村憲剛(ダンディ坂野)

脇坂泰斗(竈門炭治郎)

長谷川竜也(冨岡義勇)

齋藤学(我妻善逸)

山根視来(庄司智春)

安藤駿介(真壁刀義)

車屋紳太郎(小説家)

大島僚太(神主)

宮代大聖(牧師)

神谷凱士(リヴァイ兵士長)

原田虹輝(サンシャイン池崎)

谷口彰悟(スナフキン)

レアンドロ・ダミアン(マリオ)

ジオゴ・マテウス(ルイージ)

ジェジエウ(ワリオ)

小林悠(シュウペイ)

家長昭博(松陰寺太勇)

この通り、全28選手がコスプレを行った川崎フロンターレ。彼らはJクラブの中でもユニークなプロモーションを行うことで有名だが、それが故に「だから勝てない」などと揶揄された時期も長かった。

しかしクラブや選手は信念を持ってやり続け、2017年から3シーズン連続でタイトルを獲得中。仮に今年も優勝すれば、鹿島アントラーズが2007~2012年に記録した6シーズン連続に次ぐ単独2位となる。

【関連記事】【Jリーグ月間表彰】“ぺこぱパフォ”コンプリートの川崎F小林悠を直撃!「次」はやっぱりあれ

ピッチ内外での「魅力」を礎に「強さ」を手に入れ、Jリーグの新たなロールモデルを築いた川崎フロンターレ。J1新記録の同一シーズン11連勝をかけた18日の名古屋グランパス戦では、ピッチ上での彼らのパフォーマンスに注目だ。