妻夫木聡&吉高由里子、初共演とは思えぬ安心感「絶対大丈夫」 会話劇にやりがい

©株式会社マイナビ

●初共演で新たな発見「すごくナイーブ」「本当に頭がいい」

俳優の妻夫木聡が主演、女優の吉高由里子がヒロインを務めるTBS系日曜劇場『危険なビーナス』(毎週日曜21:00~)が11日にスタート。世帯平均視聴率14.1%と好発進を切った(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。このたび、妻夫木と吉高にインタビューし、役作りや撮影裏話、初共演の感想などを聞いた。

東野圭吾氏の同名小説を原作とするこのドラマは、正義感が強く真面目な独身獣医の主人公・手島伯朗(妻夫木)が、突然現れた「弟の妻」と名乗る謎の美女・矢神楓(吉高)と共に失踪した異父弟・明人の行方を追ううちに、矢神一族の遺産争いに巻き込まれていくというラブサスペンス。第1話放送後には、SNS上で早くも黒幕を考察する人が続出した。

――まず、役作りとして意識していることを教えてください。

吉高:楓は得体の知れない人物。何をやっているかわからないし、どこから来たのかもわからないし、本当に弟の嫁なのかもわからない。すごく明るくて人懐っこい性格ですが、「何なんだろうこの人?」という空気感も持っていないといけないなと意識しています。

妻夫木:基本的に僕は翻弄される役ですが、コミカルなシーンも多々あるので、お芝居が翻弄されることに寄りすぎないように、面白いお芝居になりすぎないように気をつけています。ミステリーというのが本筋なので、ドキドキさせるようなミステリーを視聴者の方々にしっかりと見せられるように、シリアスさは保つように意識しています。

――東野圭吾さんの小説が原作ですが、映像化する上で意識していることを教えてください。

吉高:毎回思うのですが、原作がある物語は怖いなと。原作ファンの方もいて、小説を読みながら人物像をイメージしているだろうし、顔とかも含め、その出来上がったイメージの中に自分が馴染めるのかなという不安はあります。

妻夫木:原作に引っ張られすぎないように、ドラマの中で『危険なビーナス』というものを新しく作り出そうという意識を持っています。原作があるので、どういう展開になるか皆さんも想像されると思いますが、答え合わせにならないように自分自身疑いながらやることが大切なのかなと。いい意味で視聴者をミスリードさせることも必要だと思いますし、ドラマならではのミステリーを見せられるように頑張っていきたいです。

――東野さんが「ドラマの制作陣、役者さんたちには、思い切り好きなように遊んでもらいたい」とコメントされていましたが、どんな風に遊んでいきたいですか?

吉高:楽しめたらもうそれは遊び心なのかなと思うので、思い切り現場で一番楽しもうという気持ちで挑めたらと思います。

妻夫木:そうおっしゃっていたことを思い出して、ちょっとプレッシャーを感じています(笑)。『これで東野さん大丈夫かな?』と考えてしまうタイプなので、いい意味であまり気にせずにやれたら。でも、原作の方がそういう風におっしゃってくださるのはすごくありがたいです。僕らは僕らの中でドラマを作り上げていくという思いがあり、次が見たくなる面白いドラマを視聴者の方に届けるのが僕たちの使命なので、目の前にあるものに真摯に取り組みたいと思います。

――妻夫木さんと吉高さんは初共演ですが、撮影を経て印象が変化したり、新たな発見はありましたか?

吉高:失礼ですけど、イエーイ! みたいなモンチッチなイメージがあって、明るくて図太い人だと思っていたんです。でも、すごく考える人なんだなと。考えて考えて考えすぎちゃう人。すぐ引きずるし、反省するし、すごくナイーブな方なんだなと思いました。

妻夫木:か細いんです、僕は(笑)

吉高:繊細なんです(笑)

――妻夫木さんは吉高さんの印象の変化などありましたか?

妻夫木:クレバーな人だと思いました。勘が鋭く感性で動いていると思っていたところもありますが、そもそも本当に頭がいい人だと思います。感覚だけではない部分を意識させないようにしているのはすごいことだなと。本当に人に気を使わせず、自分が犠牲になっていろんなことをやろうとしている方で、そういう部分は会う前はあんまり汲み取れなかったので新たな発見でした。

――「明るいモンチッチ」と思われていたというのは、どう感じましたか?

妻夫木:暗い男よりはいいんじゃないかなと(笑)。基本的に普段はモンチッチみたいなタイプだと思います。

●どっちが先に間違えるか勝負!? 会話劇の面白さ&難しさ

――お互いの演技で、刺激を受けたり、すごいなと感じた部分はありますか?

吉高:刺激は受けます。どんなに私が転がり落ちていこうとしても拾い上げてくれて、頼もしいというか、安心感というか。丸投げしてしまうところもありますし、初共演と思えないくらい気持ちいい感覚でいてくれる方です。

妻夫木:吉高さんは変幻自在なところがあり、楓という得体のしれない謎の美女を自由に魅力的に演じてほしいので、どんなことでも受け止められるようにしたいと思って現場にいます。見ていて楽しいですね。昔から受け芝居は好きだったので、特に今回は受け芝居に徹しようと思っています。

――会話劇でセリフがとても多いですが、会話劇の面白さや大変さはいかがですか?

妻夫木:こんなにト書きがなくセリフばっかりの台本は初めてで、最近ちょっと年を感じます。セリフが入らなくなってきて(笑)

――会話劇の面白さも感じられていますか?

妻夫木:ポンポンポンとテンポよく会話劇でやり合うのはすごく面白いですし、“どっちが先に間違えるか勝負”みたいになっているところもあって。そこに小日向(文世)さんが入ってくると、また勝負が難航してくるので面白いです(笑)

吉高:セリフ量も多いですが、キャストの人数も多いので、会話を追うのも楽しいですし、伯朗の1人演説が毎話毎話あるのもすごく刺激的です。私はすごく噛みやすいので、そういった会話の中で一言挟むときに絶対に間違えないようにしなきゃという謎のプレッシャーに襲われたり、伯朗さんの名ゼリフが終わって私がしゃべるときにつまずかないようにしなきゃとか、怯えながらやっています。

妻夫木:彼女、自分で間違えても勝手に仕切り直しますからね(笑)。監督の指示を待たずに勝手に仕切り直して。

吉高:なかったことにしてくれという感じで(笑)

――とても大変そうですが、会話劇を繰り広げる相手が、吉高さん、妻夫木さんでよかったという思いはありますか?

吉高:それはもちろん、尊敬もしてますし、安心もしてますし、まず信頼してます。楓と似ているかもしれませんね。会って間もないけど絶対大丈夫だって。

妻夫木:僕も同じような気持ちです。当然真剣にやっていますが、変な気を使わず楽しんでやれていてうれしいです。

――1話では吉高さんが妻夫木さんにビンタするシーンがありましたが、いかがでしたか?

妻夫木:痛かったです(笑)。でも、気を使われる方が多く、ちゃんとやってくれる人ってなかなかいないんです。僕は役の感情でやってほしいので、ちゃんとやってくれてすごくうれしかったです。痛い芝居をするのって嫌じゃないですか。「い(痛い)」と言うくらいの感じが良かったので。

――吉高さんはいかがでしたか?

吉高:撮影に入って3日目とかで、まだコミュニケーションとり始めみたいな感じだったので『うーん』と思いながらも、何回もやるのは嫌なので1発で思い切りいかせていただいたら、思ってる以上に力が入ってしまったみたいで、(妻夫木さんが)「い」と言った瞬間、私は「やばい」と思いました!

――そのシーンのあと、どんな会話をされましたか?

妻夫木:すぐに「ごめんなさい」と言ってきてくれました。でも、思い切りやってもらいたかったのでよかったです。

吉高:今後、またあるんですよ。ああいうシーンが。

妻夫木:僕、よく役で女性に叩かれるんです。プレイボーイだったらわかるんですけど、プレイボーイの役なんか1回もやったことないのに。プレイボーイではなくて叩かれるのはなんなんだろう(笑)

●現場はアットホーム「作品の重厚感とは真逆」

――1話の最後で「最強タッグ結成だね」という楓のセリフがありましたが、2話以降の伯朗と楓の関係性はどうなっていくのでしょうか。

吉高:コミュニケーションがもっとラフになっていくような、ちょっとクスッとなるような掛け合いも増えてくると思います。楓は、仕事何してるの? というくらい常にお義兄様のところに向かって一緒に行動することが多いので、私と妻夫木さんもコミュニケーションをとる時間が増えています。

――撮影の合間はどんな会話をされているんですか?

吉高:(新型コロナウイルスの感染対策のため)今は会話をしてはいけないような空気で、今までみたいに前室でワイワイ話す感じではありませんが、次のカットまでの間に他愛もない話とか、一緒に台本を読んでいただいたりしています。

妻夫木:吉高さんがムードメーカーになって現場を盛り上げてくれている印象がありますね。最近、吉高さんの中で助監督をいじるのがブームみたいで、いじり倒しているのを見るのは面白いです(笑)

――そういうところでチーム力が高まっていくんですね。

妻夫木:そうですね。キャストだけではなく、スタッフも含めて仲良くやれているという実感はあります。ミステリーだと重い空気が漂っているような印象がありますが、作品の重厚感とは真逆に、すごくアットホームな現場です。コミカルなシーンも多いというのもあるかもしれないですけど。

――今後、演じていく上で楽しみにしていることを教えてください。

吉高:展開が早く、これからいろんな人が混じってきて、ガッツリ一緒になる人が変わったりするのも楽しみですし、まだドラマの最後がどうなるか聞いてないので、どうなるのかなとか。楽しみは……何ですか?

妻夫木:何俺に振ってごまかしてんだよ(笑)

吉高:こういうのもちゃんと整えて、スッと収めてくれるので(笑)

妻夫木:すぐバトン渡すから(笑)。原作とはまた違う物語性、ドラマだけで見せられる何かも確実にあると思うので、その部分は僕自身も新しい台本を見るのがすごく楽しみです。原作を知っている人でも知らない人でも、とにかく次が見たくなるドラマを僕たちは目指していて、謎をどんどん増やしている黒岩(勉)さんの脚本があるので、最後までどれだけ謎を増やせるか楽しみにしています。

――登場人物がとても多いですが、注目してほしい人物や、気にある人物はいますか?

吉高:女性陣。波恵おばさま(戸田恵子)の迫力もあるし、祥子おばさま(安蘭けい)の威圧感も怖いですし、佐代さん(麻生祐未)の笑顔の一言で凍らせるような空気感を作るのもすごいなと思いますし、男性のほうが弱いのではないかなと。

妻夫木:確かに男性陣、全員弱いな(笑)

吉高:女性のほうがたくましく生き延びそうな家系だなという、女性の迫力。小日向さんの兼岩さん夫婦も、坂井(真紀)さんが引っ張っていってるような感じですし。

――その怖い女性陣と対峙するお芝居はいかがですか?

吉高:1話のとき、恐怖でしたよ。『なんで初日にこんなことさせられるの!?』と思って。じっとり見られるし、長いし。怖いなって。滝汗かいていました。

妻夫木:そういう役なんだからしょうがないでしょ(笑)

――妻夫木さんは注目している人物はいますか?

妻夫木:普通の人がいなくて、みんなちょっとおかしいんです。『この人はさすがに普通でしょ』と皆さん思う人がいると思いますが、全然普通じゃないので、どう普通じゃないのか考えてほしいですね。毎回毎回、普通じゃなさが解き明かされていくので、こいつこんなにおかしなヤツだったんだというのを見てほしいです。

――キャラクターの奥深さも作品の魅力の一つということですね。

妻夫木:綿密にできた脚本で、伏線をいろんなところで張っています。その伏線が、回を増すごとに見事に回収されていき、『この人そういうことだったの?』みたいなこともあるので、なんとなく出ている人もちゃんと見ていてほしいです。

(C)TBS